あと1週間!「電力自由化」について今一度おさらい

source:http://www.shutterstock.com/

あと1週間で4月。新年度のはじまりということで、新たな出会いや生活に、期待と不安が混在しているママも多いのではないでしょうか。

ところで、この4月から新たにかわるものとして、イマ話題の“電力自由化”が待っていますよね。

これまで首都圏なら東京電力、関西なら関西電力と地域によって電力会社が決められていましたが、今回の“電力自由化”によりその買い先となる電力会社を自由に選べるようになりました。

そこで今回は、“電力自由化で変わる私たちの生活”について、今一度おさらいしてみましょう。

 

■そもそも「電力自由化」って何?今一度おさらい

前述の通り、地域ごとに電力会社が独占している状況でした。提供していた電力会社は全国でわずか10社。

しかし平成28年4月からの“電力自由化”により、従来の電力会社にくわえ、“電力会社”という枠組みにとらわれず、様々な企業が参入し、生活者はその電気をどこから買うか選べるようになります。

電力自由化後は、電気の送配電事業を除いて、電気を作る発電や電気の小売は、電力会社以外の会社も自由に参入できるようになります。

“電力会社”による独占でなく“電気事業者”による競争も生まれ、電気料金の値下げやサービス向上も期待でき、生活者目線ではやはり期待してしまいますよね。

また、ハイブリッド車・電気自動車など“エコカー”の推進や、太陽光発電・風力発電といった“再生可能エネルギー”も注目されるなど、エコへの関心も高まっており、クリーンエネルギーに注力する事業者から電力を買う、というような選択も可能になります。

 

LINEで送る