ママからワーママへ!職場復帰をサポートする「スイッチアイテム」3点とは?

19868635_S
source:https://pixta.jp/

4月から仕事復帰を控えているママは、産後からずっと睡眠も食事も自分のトイレタイムさえも子どもを中心に過ごしきたため、“仕事のカン”を取り戻すのには、多少の時間が必要と言えるかもしれません。

いざ、職場に戻って恥ずかしい思いをしないために、今日は“職場復帰への心構えと気を付けたいこと”をお伝えします。

 

■気持ちの切り替えに「スイッチアイテム」を身に着けよう

産後、“着たい服”をあきらめて、外出時は汚れの目立たないアースカラーの服を着て、抱っこしても疲れないぺたんこシューズを履き、下着は木綿の授乳ブラ……なんて方も少なくないのでは ? でも、仕事が始まったら、きちんと“装おう”ことで、気持ちを切り替える必要があります。

下着メーカーの『ワコール』がワーキングマザーに対して行った調査によると、育児モードから仕事モードへ切り替えるスイッチングアイテムとして、必要とされるアイテムが、以下の3つ。

1位・・・ハイヒール

2位・・・ジャケット

3位・・・補正下着(ブラジャー・ガードルなど)

子どもに引っ張られるから避けていたネックレスや、時計、オシャレなハンドバッグなど、自分なりの“モード切替えアイテム”を探してみるのもいいかもしれません。

 

■ママへの配慮を「当たり前」のものとしない

都内の企業で多くの女性を管理する立場にある筆者の知人が、最近、職場でワーキングマザーにイラっとすることがあったのだとか。 それは、「もう帰らなくてはならないので、早く書類に捺印してください!」と言われたこと。

お迎えの時間が近づき、頭の中はわが子のことでいっぱい。 でも、職場には、“早く帰りたいパパ”も、“生理痛でもだえるほど苦しい社員”だっているんです。

転職サイト『エン・ジャパン』が身近にワーキングマザーがいる人に対して行った調査によれば、「子育て以外にもプライベートな事情は誰もが抱えているので、お互いに配慮しあうことが大事」という意見が多くみられたそう。 誰かのサポートに気づき、感謝の気持ちを素直に伝えていきたいものです。

 

 

LINEで送る