ついても許される2つの嘘って?「子どもの嘘」への上手な対処法

Two children lay on the shelf stands, with closed eyes. Much like a car with reserved seats
madhourse / PIXTA

わが子が初めてウソをついたとき、親はどんな対応をすればいいのか、悩むところです。よく、“ついていいウソと悪いウソがある”と聞きますが、一体それはどういうことなのでしょうか?

今回は子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、子どものウソ対処法についてお伝えします。

■ ついても許される2つの嘘とは

(1)空想を語る

Halloween. cheerful little witch with a magic wand and glowing book conjure and laughs.
evgenyatamanenko / PIXTA

子どもは「こうだったらいいな」と思うような作り話をする場合があります。昔ばなしや物語上の登場人物は子どもにとっては、まだまだリアルな存在です。子どもと自由な空想力はいい友人関係のような間柄。空想について話している時は許される嘘と言えるでしょう。また、お話を元に自分で話す力がついてきた成長の証です。

(2)人のためにつく嘘

嘘が一概に悪いことではないことは、大人が一番よく知っているのではないでしょうか? 嘘は時に、人間関係における余計な摩擦を避ける役割があります。子どもも大人の言う事はよく聞いているものです。ウソは、決して良いことではないけれど、優しさから発露した嘘は責めることはせずに、その優しさを褒めて伸ばしてあげましょう。

 

■ 子どもがウソをつく理由って?

嘘というのは、大体が自分の逃げ場が無い時につくものです。「どうして(なんで)~なの?」「誰が~」などという枕詞で追い詰めるように厳しく叱る傾向にある親は、ちょっと注意しましょう。将来子どもが嘘をつく子になってしまう可能性が高くなります。

 

 

 

LINEで送る