ママの支持率が高い「優秀マザーズバッグ」に必ずある3つのポイント

19603839_S

www.pixta

マザーズバッグはほとんどの人が最初に買い揃えると言っていいほどのママにとってのマストアイテム。いざチェックしてみると形やデザインの種類が昔に比べると豊富で、新米ママは実際にどんなタイプが良いのか色々と迷ってしまうハズ。マザーズバッグは機能性、デザインだけでなく、ママの行動の仕方によりよいものの基準が変わってきます。

ではどんなバッグが自分に相応しいものか、いくつかの例を挙げてご紹介します。

 

■マザーズバッグのタイプ別メリット・デメリット

最近の流行は、なんといっても“リュック”タイプです。キレイ系にもカジュアル系にも合うリュックがどこのショップにもおいてあります。定番のトートバッグは、もちろん人気ですが、人気なだけで選ぶのではなく、それぞれのメリットとデメリットを知り選ぶことをオススメします。

●トートバッグ・・・口が広く出し入れがしやすく、たくさん入るので人気です。以前に比べ、ポケットの数が増えてきています。しかし、肩に掛けて持ち歩く為、肩への負担が大きく、荷物が多い人には不向きかもしれません。

●リュック・・・両手があくことがなんといってもポイントです。赤ちゃんが歩き始めたらリュックに変えるママが多いです。しかし、タオルや財布など、用事がある度に、リュックを下ろさないといけないことが手間と言えるでしょう。

●斜め掛けバッグ・・・サイズは様々ですが、大きめタイプは、トートバッグのように、物が多く入り、出し入れがしやすいです。しかし、片側の肩から斜めに掛けて持ち歩く為、長時間肩から下げておくことが大変です。小さめタイプに財布と携帯など貴重品のみ入れて、大きな荷物をリュックなどに入れるといったダブル使いがおススメです。

 

■「優秀マザーズバッグ選びでチェックしたい」3つのポイントって?

優秀マザーズバッグは、種類に関係なく“たくさん入る”“ポケットがたくさんある”“軽い”この3つは、大きなポイントになります。これらに加え、最近では、防水・撥水加工、汚れが付きにくい落ちやすい加工、丸洗いできる、などがマザーズバッグの特徴になってきました。

子どもが少し大きくなると、ママのバッグを引きずります。筆者もよく引きずられました。そんなとき、洗えるバッグですと怒らず、子どもの遊びに付き合ってあげられたりするので、こうした機能があるバッグを選ぶと良いかもしれません。

LINEで送る