コレで外遊びもOK!「花粉症キッズ」のためのお助け装備一覧

d2864-114-957901-1
Zoff

春の訪れを感じられてなんだかワクワクし浮き足立つのは花粉症の悩みがない人と言えるかもしれません。ロート製薬が0~16歳の子を持つ父母へ行った調査によると、「わが子が花粉症だと実感している」と答えた父母は32.7%で実に3人に1人が花粉症であるという結果に。

今や子ども達にとっても花粉症は最も身近なアレルギー症状となっています。

花粉が多く飛ぶ条件に”晴れて気温が10度以上の乾燥した日”というものもあり、そんな外出日和の日に外遊び大好きな子どもが花粉症で外に出かけられないというのは、辛いものです。

今回は、花粉症キッズの為の”花粉に負けない装備”と”帰宅時にできる花粉対策”をご紹介します。

■「花粉に負けない」外出装備一覧

ちょうど今の時期はスギ花粉がピークを迎え、ひと段落するとヒノキ花粉が飛来するので、まだまだ花粉との付き合いは続きそうです。そのためにも花粉症の人は外出装備を怠らないようにするのが大切です。

(1)頭には帽子

花粉を少しでも体に着くのを防ぐために帽子は被るようにしましょう。帽子を被らないのであれば、女の子の場合髪の毛はおろさずにまとめて下さい。

(2)目には”花粉メガネ”

目に花粉が入ると痒くて痒くてこすってしまい、目玉だけでなく目の周りの薄い皮膚まで傷めて赤くカサカサになってしまうのを防ぐ事ができます。

(3)鼻・口には”マスク&ワセリン”

鼻・口からの花粉の侵入を防ぎ、花粉症を悪化させる黄砂や粒子の小さいPM2.5までもカットしてくれるものもあります。しかし子どもってマスクをつけるのを嫌がりますよね? そんな時には鼻の穴にワセリンを塗るのがオススメです。筆者の夫も花粉症でマスクをしないとくしゃみが止まらなくなる時もあるのですが、ワセリンを塗るとそれが止まることが多いので試してみると良いかもしれません。

(4)服は”ツルツル素材”

ウールなどの繊維質な物には花粉が付着しやすいので、花粉を払いやすいツルツルした起毛のないウィンドブレーカーなどのナイロン製のアウターを身につけるようにしましょう。春でも乾燥していれば静電気が起きやすくなり、花粉が衣類に吸い付いたままの状態になってしまいますので、そんな時には静電気防止スプレーを使用してください。

 

 

LINEで送る