最初の3分間を見逃しちゃダメ!「食事中に立ち歩く子」に効果的な3つのルール

FamVeld / Shutterstock
FamVeld / Shutterstock

食事中のマナーの一つとして“席を立たないで食べる”ことがありますよね。でも、何度叱っても途中、席を立って走り回ったり、おもちゃで遊び出したりするのが子どもというもの。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“食事中に立ち歩く子のしつけ”についてお話します。 

 

■食事中に立ち歩く子に効果的な3つのルール

(1)食事の前にNGルールを決める

玩具の片付け、挨拶などもそうですが、四六時中機関銃のように「ちゃんと座っていなさい!「席を立ったらいけません!」と叱っても「ママまたガミガミ言ってる」の状態で、馬の耳に念仏です。

食事前に別の場所できちんと子どもとママが向き合って座り、約束をする場を設けましょう。

ママ「今日から食事が終わるまで最後まで座って食べようね、このお約束を守れるかな?」

そして、指切りげんまんをします。こういった一連の約束の取り決めを食事前に行うことで、子どもの中に“してはいけない”NGルールを覚えられます。

 

(2)最初の3分間で「褒める」

179983262
MilanMarkovic78 / Shutterstock

約束した後、おそらく3分くらいは椅子に座っているでしょう。この3分間を見逃さずに、その間「ちゃんと座っていて偉いね、さすがだね」と何度も褒めてあげましょう。もし、席を立とうとしたら椅子からお尻を挙げた瞬間を逃さずに「あれ、さっきどういう約束をしたかな?」と子どもに聞いてみてください。

この問いで子どもはハッと気が付いて浮かしたお尻を元に戻すはずです。その行動を見てママは「わぁ偉いね、ちゃんと覚えていたんだね。お兄さんになったねぇ」とまた褒めます。

昨日まで5分ごとに席を立っていた子でも、この日ばかりは10分くらいは着席しているでしょう。そして、最後まで集中できず遊び出したらもう食事はその時点で終了してください。

 

 

LINEで送る