1日で20万再生! ママに悩みを話せない娘に話しかける「不思議なぬいぐるみ」の感動ムービー

女性の一生に寄り添う“女性共感企業”という経営理念を掲げるワコールが、母と子のコミュニケーションを描いた動画『Her True Stories|ワコール – YouTube』を公開しました。

思春期の少女のココロやカラダの悩みを、“喋る不思議なぬいぐるみ”が引き出していく過程を追ったドキュメンタリー動画が「泣ける!」と話題になっています。公開1日がたった本稿執筆時点で既に20万回以上も再生されています!

“1番の相談相手”であるはずのママに対し、悩みを打ち明けられない娘……。

動画の最後では、“喋る不思議なぬいぐるみ”の秘密が明かされ、母娘のコミュニケーションを優しく後押しするようなストーリーになっており、感動しながらも、どこか考えさせられるドキュメンタリー動画になっています。

 

「ココロやカラダについて相談したい相手はママ」と答えた子が8割

立ち上げから、現在までの15年間で80,000名以上の親子と向きあってきたワコールが調査したところ、 「75%の子が成長期にカラダと心の悩みを抱える」「特にデリケートな悩みを抱えた時、5割の女の子が“お母さんに相談”して解決」「カラダや下着について悩んだ時に相談する理想の相手は“お母さん”という子が約8割」ということがわかりました。

思春期ゆえに抱えた“ココロやカラダの悩み”を誰にも話せない女の子たちは、「相談したいけど、どう話せばいいのかわからない」とも悩んでいるのです。そして、その相談相手として1番は“ママ”だと思っており、そのお母さんからの声が掛かるのを待っているようなのです。

 

ママも子どももお互いにコミュニケーションの仕方に悩んでいる

いろいろな悩みを相談したいと心の中で思ってはいても、なかなか話せないのが、思春期の女の子。また、それをなんとなく感じ取っているからこそ、話しかけづらいママ。お互いに、コミュニケーションの仕方に悩んでいるのです。

そこで、「小さな頃から大切にしていたぬいぐるみにならば、悩みを話してくれるのではないか?」ということで遠隔操作によって“心を宿したぬいぐるみ”が、3人の少女に喋りかけます。

LINEで送る