東日本大震災から5年、絶対に心得たい「備蓄のコツ」4つ

Oleksandr Khmelevskyi / Shutterstock

今日で東日本大震災から5年。

またいつ大きな地震が引き起こるかわかりません。赤ちゃんやお子さんがいるお家では、災害時にパニックになってしまうことも。愛する大切な家族を守るために、今からできることをきちんとしておきたいですよね。

悲劇を繰り返さぬよう、今回は“防災対策で準備したいものと、備蓄に対するコツ”をお教えします。

 

■1:防災対策は万全ですか?乳幼児のママが備えたい「避難用グッズリスト10」

緊急避難時はいろんなものが必要になります。特に小さい子どもがいるご家庭は、特に災害時パニックになりやすいです。

避難時の混乱を招かぬよう、最低限以下の10点は避難グッズとして確保しておくようにしましょう。

(1)紙おむつ
(2)除菌ウェットティッシュ
(3)お菓子
(4)お金
(5)水
(6)家族分の健康保険証のコピー
(7)粉ミルクと哺乳瓶
(8)紙コップ
(9)ゴミ袋
(10)タオルや大きな布

 

■2:出先で災害に巻き込まれたとき「必要なもの」チェックリスト6

以下のは、乳児のママの必需品です。まだ免疫力が弱い乳児がいるママは特に念入りな用意が必要です。

ストックが切れないようきちんと準備しておきましょう。

(1)ミルク
(2)哺乳瓶
(3)そのまま食べられる離乳食
(4)紙コップ
(5)スティックシュガー
(6)洗浄剤

LINEで送る