停電しやすくなるは勘違い!ママFPが教える、知っておきたい「電力自由化の基礎知識」

4月はさまざまな制度が切り替わるタイミングです。ニュースやCMなどで聞いた方も多いと思いますが、2016年4月から“電力自由化”がスタートします。

ガス供給会社や携帯電話会社など異業種からの参入も報道されており、どのような内容なのか関心が高まっています。また、契約を変えることで電気代は下がるのか、気になるママも多いのではないでしょうか? 

そこで今回は、1児の母でありファイナンシャルプランナーである筆者が、“電気の小売自由化の制度の概要や各社の料金プランの特徴”をご紹介します。

 

■2016年4月から一般家庭でも電気会社を自由に選べるように

実はオフィスビルや工場などでは、既に電力小売の自由化がすでに実施されています。

この4月以降は、さらに一般家庭や小さな商店も、地域の電力会社だけでなく、さまざまな事業会社から自由に選んで電気を買うことができるようになるのです。

どこから電気を買ってもよいということは、たとえば、海辺にお住まいの方が近くの風力発電事業者から電気を買うことも可能になります。

逆に、再生可能なエネルギーを使って発電した電気を使いたいということであれば、遠方の地熱で発電した電気を購入することもできます。

電気の購入先を自ら選ぶことで、料金だけでなく、環境を考えた“発電のあり方”を示すことにもつながります。

 

LINEで送る