大人の「ひな祭り」もあった!? 意外と知られてないルーツ&マナー

natu / Shutterstock
出典: It Mama(イットママ)

女の子がいるお宅はもうお雛様を飾られていると思います。筆者が子どもの頃は七段飾りが主流でしたが、今は住宅事情からお内裏様とお雛様だけ、というご家庭も多いようですね。ご多分に漏れず、我が家も博多人形のシンプルな立ちひなです。

お雛様といえば、ひな人形を飾り、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物を作って、子どもが無事に成長してくれること、幸せになってくれることを願うお祝い……というのが一般的な認識だと思います。

しかし、過去にさかのぼり調べると、現代ではほぼ知られていない事実がわかったのです! 今回は、“知られざるお雛様のルーツやマナー”についてお伝えします。

 

■触った方がいい!? 「ひな人形」にこめられた意味

前述した通り、ひな祭りは女の子の成長のお祝い、ですよね。もちろん現代ではそのように考えられています。しかし、そのルーツをたどると、意外な意味や願いが込められていることがわかりました。

江戸時代には、ひな道具で子どもたちが遊ぶことから、嫁ぐ日までの家事の稽古と位置づけられていました。

また、華やかなひな道具に触れる前に手を清める習慣をつける稽古として、ひな人形は”手を清めてから触るもの”とされていたといわれています。

現代とは異なり、女の子が家事・生活習慣を身に付ける、という意味合いもあったのです。

さらにさかのぼると、人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする中国の風習と、日本古来の風習が融け合って、ひな祭りが生まれたとも言われています。

つまり、人形はひとがたの意味も持ち合わせており、直接触れることで自身の厄の身代わりとなるのです。

この知識については、『節句と節句人形に関する意識調査』において、母親正答率 6.4%という結果が出ていて、消えつつある慣習であることが浮き彫りになっています。

ひな人形は、壊れやすく大切なものだから“触ってはいけない”と思っていましたが、古くは触ったほうがいい、という教えだったんですね!

 

LINEで送る