「マンガ」も油断禁物!社会に溢れる、子どもに悪影響がでる恐れがあるモノ3つ

朝日新聞のニュースによると、大阪府堺市は、今春からコンビニ棚に陳列されている成人雑誌に目隠しをする取り組みをすることにしたそうです。筆者は現在シンガポールに住んでいますが、海外に住んでいる身からすると、確かに、日本のコンビニにある成人雑誌はかなり目立つところに置いてあって、ギョッとしてしまいます。

現代は、今の親世代の子どもの頃に比べると、大人にしか必要のない情報が、子どもにも容易に届いてしまいます。子どもをとりまく環境が変わり続ける世の中で、親は子どもにどんな態度で接するべきなのでしょうか?

今回は、子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、“子どもに悪影響となるもの、そして親ができること”について考えてみました。

 

■ 社会に溢れる、子どもに悪影響がでる恐れがあるモノ

(1)幼児向けも注意したい「ゲーム」

現代のゲームには、幼児向けのものにも暴力的な描写が取り込まれていることが少なくありません。対象年齢をクリアしていても油断しないように。

(2)避けるのが難しい「インターネット広告」

日本の規制はとてもゆるく、際どい表現が突然サイト上に現れることもしばしばです。避けたくとも、避けようがありません。

(3)性描写の影響力が高い「マンガ」

日本でコミックやマンガは日常にありますが、実は海外では性描写などの影響が高いメディアという認識が一般的です。

LINEで送る