0歳から使える!いくつものママ向けアワードを受賞した「ベビー全身シャンプー」とは

皆さんは、子どもの全身シャンプーにどのようなものを使っていますか?

成分や低刺激性にこだわっている/クチコミで読んで納得できた、など敏感でデリケートな赤ちゃんの肌には、ママの目で判断していいものを選んであげたいですよね。

“赤ちゃん肌”が、女性が憧れる美しい肌の例えとしても使われているように、赤ちゃんの肌というとむきたての卵のようなツルツルのお肌というイメージがあります。でも実際は、すぐに湿疹ができたり、カサカサ乾燥しやすいもの。

筆者の娘もいつもカサカサで「ウチの子だけなの?」と思っていたのですが、周囲のママ友も赤ちゃんの肌トラブルには悩まされているそうです。

そこで今回は、複数のママ向けアワードの大賞に選ばれた、0歳の赤ちゃんからもやさしく使えるアイテムをご紹介します!

 

■一般のママたちが選んだ片手で洗える「全身シャンプー」とは

4987107616036

ご紹介するのは、第一三共ヘルスケアの『ミノンベビー全身シャンプー』。これは、一般のママたちからの投票によるママ向けアワードでも大賞をとった優れモノ。

ではなぜ、そんなに多くのママたちの共感や賞賛を得たのでしょうか?

「ミノン」は製薬会社が皮膚科学に基づき敏感肌・乾燥肌を考えて生まれたブランド。1973年から低刺激処方を守り続けていて、その思いはもちろんベビー用シャンプーにも。

『ミノンベビー全身シャンプー』は、水を除く5つの成分のみで作られている“シンプル処方”の製品で、赤ちゃんのデリケートな肌に負担をかけすぎずに使うことができます。加えて、赤ちゃんの素肌と同じ“弱酸性”。やさしい使い心地です。

また、首もまだ座っていない赤ちゃんを支えながら洗うのは、実際かなり一苦労なのですが、片手でポンプを押すだけで、泡のシャンプーが出てくるため、手間いらずで簡単に洗えるんです。

毎日の入浴だからこそ、使いやすいこと、使い続けたくなるアイテムであることは、かなり大事なんですよね。

 

■産後の肌トラブルに悩むママにもやさしい存在

 

1405323751

産後はホルモンの変化や疲労、睡眠不足などで、肌は知らぬうちにボロボロになり、ふと鏡を見ると自分の肌に驚くこともしばしば。

とはいえ、肌のお手入れに時間をかける余裕もないですよね……。

そんなママにもオススメなのが『ミノン全身シャンプー』。アレルギーの原因物質を極力カットし、無着色・微香性。素肌に余分な負担をかけすぎずに、やさしく洗い上げます。

ミノンは「洗う保湿ケア」というコンセプトで、洗うたびにうるおう肌に!うるおいを守りながら汚れを洗い流すので、洗いあがりのツッパリ感がありません。“しっとりタイプ”、“さらっとタイプ”の2種類があるので、ご自身の肌質に合わせて試してみては?

1448963889

こちらも赤ちゃんから使えるアイテム。子どもが自分で立てるようになったら、やさしくあわ立てた泡でママと赤ちゃんを一緒に洗う、という時短バスタイムも楽しいかもしれません。赤ちゃんへの丁寧なケアはもちろんですが、ママとして、そしてひとりの女性として自身の肌にもやさしいボディシャンプーを選んであげましょう。

 

■わからないことだらけの新米ママには「おたすけ塾」

さらに第一三共ヘルスケアのサイト内にある『ママ&ベビー おたすけ塾』が、とっても便利!

など新米ママの悩みを解決してくれるコンテンツ集です。

入浴以外にも、ためになる情報が満載なので、是非チェックしてみてくださいね。

さらにさらに。今なら3月限定キャンペーン実施中で、『ミノン全身シャンプー(しっとりタイプ)』がプレゼントとしてもらえるチャンスも! 是非応募してみてくださいね!

350x150

いかがでしたか?

毎日の入浴だからこそ、そして直接肌に触れるものだからこそ、全身シャンプーは実はちゃんと選びたいアイテム。肌がデリケートな赤ちゃんも、産後の肌トラブルを予防したいママも使えるミノンの全身シャンプーでスマートに肌を守りませんか?

 

【参考】

(ベビー用)ミノンベビー全身シャンプーについての詳細はこちらから

(ママ用)ミノン全身シャンプーについての詳細はこちらから

おたすけ塾のコンテンツはこちらから

プレセント応募の詳細はこちらから

Sponsored by 第一三共ヘルスケア株式会社

LINEで送る