げっ…クサいかも!? この時期オススメの「洗濯物の生乾き臭」を防ぐ方法

寒さが厳しい今日この頃、天候不順で洗濯物を外に干すことができず困っているママも多いのでは? 筆者も、この季節は部屋干しが増えてしまい、特有の生乾きのニオイに悩まされています。

また、子どもが保育園や幼稚園から汚れた衣類や濡れたハンドタオルを“湿ったまま”持ち帰ってくると、洗濯するころには嫌なニオイが発生していることも……。 

そこで今回は、多くのママの頭を悩ませる洗濯の嫌なニオイの原因と忙しいママでも簡単にできる対処法についてご紹介します!

 

■私だけじゃなかった!? 73%のママが「生乾き臭」に悩んでいる(※1)

P&Gが20~50代の主婦200名を対象に行なった“洗濯物とニオイの悩み”をテーマとした調査(※1)によると、「洗濯物を干していてニオイが気になることがある」と答えた主婦は86%におよびました。

さらに、ニオイの中でも84.9%と圧倒的に多くの主婦が“生乾き臭”に悩んでいることがわかりました。しかも、73.0%が抗菌洗剤を使用しても“まだ臭う”生乾き臭に悩まされているのだとか!

 

■そもそも生乾き臭の原因って?

P&G研究開発本部シニアリサーチャーの井内芙美さんによると、「生乾き臭は主に “脂臭菌”と“生乾菌”という2種類のニオイ菌の存在によって発生する」とのこと。

(井内シニアリサーチャー)

また、これらのニオイ菌が衣類に付着するルートは、大きく分けて“皮膚や汗を通じて衣類に付着するルート”、“洗濯槽に蓄積された生乾菌・脂臭菌が洗濯することで衣類に付着するルート”の2つがあるらしいのです。

しかも、なんと洗濯槽からの移り菌が、1回の使用および洗濯において、洗濯物に付着するニオイ菌の74%を占めることがわかったのです!(※2)

つまり、いくら良い抗菌洗剤を使っても、洗濯槽がキレイでないと生乾き臭は消えないということですね。

また、冬は特に部屋干しが増えたり、冬物は夏物より厚手で乾きにくかったりするため、洗濯物を干している時間も長くなりますよね。すると、衣類が湿気を帯びる時間も比例して長くなります。こうした環境が、湿気が好きな生乾菌の温床になってしまうのだとか。

 

■生乾菌を防ぐ!「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」とは?

衣類にすでについてしまった菌を増殖させないためには、なるべく早めに洗濯をすることが効果的です。とはいえ、幼稚園から帰宅後にすぐに洗濯をするのは難しいのが現実。

忙しいママには、ニオイのもととなる生乾菌と脂臭菌の両方に働きかける洗剤がオススメです。

P&Gの衣料用液体洗剤『アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル』なら、独自開発の“デュアルバイオ抗菌処方”により、脂臭菌はもちろん生乾菌をしっかり抗菌してくれます。そのパワーは、従来の抗菌洗剤(※3)と比べて、なんと50倍(※4)になるのだとか!

3

さらに、洗濯槽のカビの増殖もしっかり防いでくれます。「洗濯漕のカビ付着のせいで、せっかく洗った洗濯物に黒っぽいカビがついてしまい、二度洗いしなきゃならないなんて・・・」という悩みにもしっかり対応しているというのは嬉しいですよね。

 

いかがでしたか? 何かと憂鬱になる冬の洗濯。ニオイが気になる方はぜひ試してみてくださいね!

 

※ 『アリエール サイエンスプラスイオンパワージェル』 
標準サイズは1kg、つめかえ用は770g、特大つめかえ用は1.35kg。価格はオープン。

※1:調査方法: インターネットによるアンケート/調査実施日:2016年1月17日~18日/調査対象:20~50代の主婦200人
※2:「1回の使用および洗濯において(n=10)」
※3:P&Gの抗菌洗剤
※4:P&Gの他抗菌洗剤に比べて、湿った状態で頑固なニオイ菌の増殖を防ぎます。

 

【参考】

『アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル』の詳細を知りたい方はコチラ!

Sponsored by プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

LINEで送る