将来「集中力がない」子どもになるかも!? 衝動的になってしまうNG食生活とは

近頃、幼稚園や学校では、授業に集中できず、じっとしていられなかったり、衝動的な行動に走ってしまう子どもが増えていることが問題になっています。

2012年に文部科学省が全国の小中学生を調査したところ、約6.5%の子どもが学習面や行動面で著しい困難を示しているとの結果が出ました。

実はこれには食生活も無関係ではありません。今回は管理栄養士の筆者が“脳に影響を及ぼす低血糖の仕組みと、食生活上の注意点”をお伝えします。

 

■衝動的になる原因は「低血糖」が引き金だった!?

食事で糖質を摂取し、血糖値が上昇すると、それを元に戻すべく膵臓から血糖値を下げるホルモン、インスリンが分泌されます。

しかし、急激に血糖値が上昇すると、“これは大変だ”ということで膵臓から過剰にインスリンが出され、それが効きすぎた結果、血糖値が下がりすぎてしまいます。これがいわゆる『低血糖』です。

低血糖になると脳のエネルギー源が足りなくなるため、無気力になったり疲労感を感じたりします。そして、低血糖は次の問題を引き起こします。

今度は下がりすぎた血糖値を上げようと、アドレナリンという別のホルモンを分泌します。このアドレナリンは別名『攻撃ホルモン』とも呼ばれ、血糖値を上げるとともに気分を高揚させ、攻撃的にする作用を持っています。

このように血糖値が下がって上がっての“乱高下”を起こすことにより、脳や心の状態もアップダウンが激しくなってしまうのです。

LINEで送る