幼稚園と保育園でかかるお金、どう違う?「保育費」以外に必要な準備金

301042739

新年度の準備に忙しくなる時期。この4月からお子さんが幼稚園や保育園に入園する方も多いはず。入園ともなるといろいろ物入りになることも確かです。幼稚園と保育園それぞれで、入園準備に一体どれくらいお金がかかるのか、今のうちに確認しておきましょう。

幼稚園にかかる費用の相場は?

文部科学省が公表している『子どもの学習費調査』によると、公立幼稚園の場合、一年間に約22万2千円、私立幼稚園の場合は49万8千円ほどお金がかかるとされています。

この中には、保育料をはじめ、入学金や施設使用料、PTA会費、通学バス代、制服代や給食費なども含まれています。ただ、これ以外にも、幼稚園指定の文具や靴など細々した費用がかかります。この時期は、予備資金を少し多めに用意しておくようにしましょう。

上記金額は平均値なので、お住まいの地域や施設によって実際にかかる費用は異なります。支出の中で大きな割合を占める保育料ですが、毎月一定額を支払う幼稚園と、前年度の世帯所得(正確には市民税所得割額)によって支払う保育料が上下する幼稚園があります。世帯所得が高いご家庭が、世帯所得で保育料が決まるシステムの幼稚園に通わせる場合には注意が必要です。

私立幼稚園に通わせる場合、公立よりおよそ2倍強のお金がかかります、私立に通わせる保護者の経済的負担を軽減するため、補助金を交付してくれる自治体も複数あります。

たとえば東京都江東区の場合、入園料に対する補助金として、原則園児1人1回70,000円を上限に補助金が出るそうです(平成27年度実績)。こうした助成金は申請してはじめてもらえるものですので、お住まいの自治体HPの子育て情報ページなどで早めに補助金制度の有無を確認してみることをオススメします。

最近では幼稚園の3年保育を選択するご家庭も少なくありません。3年間の教育費に充てるお金を貯めるには、入園前の1年間はボーナスから入園費用を積み立てておくなど早めの準備が吉です。また、バザーなどで園指定の品物が安く買えるかもしれません。雰囲気を前もって知るためにも入園前の年は積極的に幼稚園イベントに参加してみてはいかがでしょう?

LINEで送る