「これだけは譲れない」をもってる?オンリーワンの子育てをしたい理由

46602628

“カミナリ親父”という言葉に表される頑固で恐ろしい父親像は、現代では身近ではありません。それどころか、多様な価値観に親自身が翻弄され、その権威は失墜しているように感じます。情報が氾濫し、親が確固たる価値観を持つことは難しい昨今、みなさんは「よそはよそ、うちはうち」といった価値観を持っていますか? また、家庭の方針を子どもに堂々と言えますか?

親として子どもに「これだけは譲れないもの」を持つことは、親子関係においても重要なことと筆者は感じています。今回はシンガポール在住の四児母である筆者が、“オンリーワンな子育て”のメリットをご紹介します!

 

人生を「人のせい」にすると不安になる理由

子育てに限らず、何事にも不満を持ち、その理由を自分以外のせいにする人は、実は不安で一杯な人が多いです。なせなら”自分の人生の操縦桿”を握っていないから。周りに常に翻弄され、流される人生ですので、自分というものがなく、不安で当たり前なのです。

失敗を経験として受け止めることが出来る人は、人のせいにしません。そしてそう言う人は、”人生は自分が変えることが出来る”という確信があるので、不安が少ないのです。

 

人生の舵は自分で切ろう

●夫へ不満がある時

外で同じような愚痴を言い合う仲間内で発散する妻と、夜のおかずを一品増やして夫の笑顔を少しでもつくろうと工夫をしながら、夫を優しい男性へと変身させていく妻は、どちらが自分主導の人生を切り開いていますか?

●子どもが反抗期の時

「反抗期だから」と言って終わらせ対応を変えない、もしくは放っておく母と、子どもが何に悩みをもっているかを知るために子どもへの対応を変える母は、どちらが自分の人生を操縦しているでしょうか。

それは火を見るより明らかですよね。

文句や愚痴の世界の扉をばたんとしめて、自分が変わること決心することで、世界は変わります。そしてそう決めた途端に、不安は消滅するのです。

LINEで送る