うま味、摂りすぎてない?将来「お母さんの料理、美味しくない」と言われないためには

148934228

「味覚は三歳までに完成する」育児に関心の高いお母さんなら、一度はそんなことを聞いたことがあるのでは? 離乳食が始まり、いろんな食べものを口にするこの時期は、子どもの味覚が発達する、もっとも大事な時期です。

身体のことも考えると食品添加物に敏感になるお母さんも多いと思いますが、意外と“うま味”に関する添加物には注意が抜けていることが多いです。

今回は、管理栄養士の筆者が、うま味と食品添加物が子どもに与える影響とママができることについてお伝えします。

 

■実は「うま味」は摂り過ぎに気づきにくい

“うま味”は日本人が発見した味覚で、五つある基本味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)の一つです。

うま味の特徴として、たくさん摂っても気づきにくいことがあります。たとえば、砂糖を山盛り入れた煮物は一口食べただけで「甘い!」とわかりますし、お吸い物にスプーン一杯の塩を入れたら辛くて飲めませんよね。しかし、うま味を凝縮させた化学調味料は、たくさん入れても平気で食べられてしまうのです。

しかも、これが安価に大量に製造できて、加えると簡単に「オイシイ」と感じてもらえる。これがインスタント食品やスナック菓子、加工品のほとんどに化学調味料が使われている理由です。

 

■「家庭の味」を美味しく感じなくなる

子どもも化学調味料は大好き。ポテトチップスをつかんで食べた指すら夢中でペロペロなめてしまいます。そして、化学調味料の味に慣れると、家庭の味、和食の味の美味しさがわからなくなってしまいます。

和食は西洋料理や中華料理と違い、濃厚な肉や乳製品のエキスやソースを使わず、“素材の味を引き出す”という料理法が発展してきました。

味覚が形成される時期に強いうま味に慣れてしまうと、濃厚なコクがある高カロリーな西洋料理を好むようになってしまいます。

その結果、せっかくお母さんが出汁から引いて作った煮物や味噌汁を美味しいと感じづらくなります。子どもの好き嫌いや偏食は、実は子どものわがままではなく、小さい時に食べさせていたものの結果かもしれないのです。

LINEで送る