「減塩」タイプに惑わされてない?つわりの時期に食べたくなる梅干しの選び方・食べ方

91085894

妊娠した女性のほとんどが経験すると言われるつわり。胃がムカムカしたり、吐き気を感じたり、実際に嘔吐することもあり、妊娠初期の一過性のものとはわかっていても、いざ経験すると辛いものです。

そんなママたちに人気の高い食べものが、酸味があってスッキリさせてくれる梅干し。しかし、その梅干しの選び方や食べる量にはおさえておきたいポイントがあるのをご存じですか?

今回は管理栄養士の筆者が、梅干しの効果や食べ方についてお伝えします。

 

■現代栄養学でも証明された効果

栄養学がない時代から日本人は経験的に梅干しの健康効果を知っていました。平安時代に書かれた日本最古の医学書『医心方』にもその薬効が記載されています。その効果は現代栄養学でも解明されてきています。

梅干しの特徴はなんといっても、見ているだけで口の中にじわ~っと唾液が広がるほどの酸味ですが、その酸味の成分は有機酸。梅干しの中にはクエン酸、リンゴ酸、ピクリン酸、フマル酸など、たくさんの種類の有機酸が含まれています。この有機酸が妊婦さんにも嬉しい効果を発揮してくれるのです。

 

■有機酸の働きとは?

有機酸の効果は、カルシウムや鉄分の吸収を向上させてくれることです。カルシウムも鉄分も、妊娠中に必要な量が増えるので、不足に注意するべき栄養素のトップクラスのもの。その吸収を上げてくれるのですから、嬉しいですよね。

他にも有機酸にはエネルギー代謝の効率を良くして、疲労を回復する効果や、唾液や胃液の分泌を促して食欲を増進させてくれる効果もあります。

LINEで送る