「父の日」は廃止すべき!? シングルマザーに気を遣うのはどうなの?

280969358

今や1分49秒間に一組のカップルが離婚すると言われている時代、幼い子どもをママ一人、パパ一人で育てている家庭も多くあります。周りにそんな“ワケあり”な人がいると家族の話やパパの話をするのもつい躊躇してしまうかもしれません。

でも、実際、当事者はどう思っているのでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお話します。

 

■「父の日・母の日」を廃止する園の事情

近年、一人親など複雑な家庭事情を抱える子どもが増加の一途をたどるため「子どもが悲しい思いをしないように」と父の日、母の日を失くしている保育園や幼稚園も多くなっています。

“父の日”“母の日”はもともと、日頃の労をねぎらい感謝の気持ちを伝える日としてアメリカから伝わりました。

保育園で子ども達から両親に日頃の感謝の気持ちを込めて、母の日、父の日にママ、パパの顔を描かせることがあります。そんなときシングルマザーに配慮して、母の日、父の日、勤労感謝の日など、特に相手を指定することなく自由に絵を描かせている園もあります。

すると、それぞれの日の行事の特徴はなくなり、毎回“誰でもいいので好きな人の顔”になってしまいます。母の日、父の日は、もう時代に合わなくなってきたということでしょうか。

 

■シングル家庭であることには変わりがない

でも、そうやって子どもに配慮しても現実は変わらないわけです。

子どもは毎日その環境で育っているので「うちにはママがいない」「うちにはパパはいない。ママ一人で僕を育ててくれている」とちゃんと理解しています。また、シングルのママも、他人から腫れ物に触るように扱われているようでかえって窮屈に感じていたりします。

 

LINEで送る