ソレ勘違いかも?子どもの「自己肯定感」が失われていくNG褒め言葉

85585117

“自己肯定感、自尊感情という言葉が大流行です。子育て本を読むと大抵この言葉が何回か使われています。そして、そのために「子どもは褒めて育てましょう」と読者を誘導しています。でも、褒め方によっては自己肯定感が失われることにもなるのです。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“自尊感情を育てることにならないNGな褒め言葉”についてまとめました。

 

■条件を付けた褒め方

「お片付けしていい子ね」「ご飯を残さず食べて偉いね」「じっと座っていられてお利口だね」これらの褒め方がダメなのではありません。

全く褒めない親よりはマシです。けれども、褒め言葉の前置きとして“○○しているから、いい子”となると、それができていないと“悪い子”ということになります。

もし「一等になって偉いね」「テストでトップの成績で凄いね」とばかり褒められていたら二等、三等、またビリになったとき「自分はダメな人間である」「自分には価値がない」と子どもが自分を追いつめてしまうリスクがあります。

条件を付けられた上での“自己肯定感”はあっという間にもろくも崩れ去るものなのです。

LINEで送る