子どもはストレスの元凶?生き甲斐?「親になる」ということ

173523602

子育てって終わりがないですよね。オムツが外れた外れないから始まり、子どもが少し大きくなって小学校に進めば勉強ができるできない、それから苛めにあったり、担任のことで悩んだり、不登校になったり……「一人でいた頃の方が気楽だった」とシミジミ思うことだってあります。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“親になること”についてお話します。

 

■子育ては「楽しみであり苦しみ」である

ママになる前は抱っこひもやバギーで子どもを連れている人を見ると、自分の将来の姿を重ねて夢見たりします。そして、出産直後は「生まれてきてありがとう」「自分の命より大切な守るものが出来た」と感じる人も多いです。

でも、それは実は親としての苦労の始まりだったりします。

0歳・・・「五体満足で産まれてきてくれてありがとう」と母になった感動を味わう

1歳・・・他の赤ちゃんに比べて歩くのが早い遅い、オムツが取れる、取れないに悩む

2歳・・・言葉が早い遅い、魔のイヤイヤ期に苦労する

小学生・・・勉強ができるできない、いじめ問題に直面する

中学生・・・反抗期に悩む

高校・・・・進路の問題に悩む

成人・・・・非正規雇用の就職難で将来が心配

30歳過ぎて・・・いつまでも結婚しないわが子が心配

このようにエンドレスです。

子どもが30歳になっても40歳になっても子どもは子どもであり、親はいつだって子どものことが心配なのです。

LINEで送る