子どもの「文字書き意欲」がみるみるUPしていく魔法の教え方って?

24886837

子どもが文字に興味を持ち始めると、読むことだけではなく書くことにも興味を持ってきます。せっかく芽生えた興味、関心を上手に伸ばしてやりたいものです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、文字の書き方が上達する魔法の教え方についてお話します。

 

■絵だと叱らないのに「文字」だと注意したくなる

保育園で子どもが描いたママの顔。「ママの絵を描いたよ」と似ても似つかない絵を持ってきても、「わぁ~上手に描けたね~!」と描いてくれたことだけでも嬉しくなるものです。「ママの目はこんなんじゃあなくて、口元はもっとこう書いて髪型は……」と叱る人はいませんよね。

ところが、文字となると態度が豹変し、このように言ってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ここは出ないよにしないと」「もう一回、消しゴムで消して書き直してみて」

けれども、子どもにとっては絵を描くことも、字を書くことも全く同じ表現活動です。それなのに大人がそれを褒めたり、叱ったりすることで“絵を描くのは楽しいけれど、字を書くと注意されるから嫌な作業だ”と思うようになってしまったりします。

 

■「文字を書く意欲」を消さないためにすべき5つのこと

(1) 間違った文字は無視する

二つの用紙があります。どちらがやる気が起こりますか? もちろん、右ですよね。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人は「間違っている文字を直してやろう」という気持ちで赤ペンで添削したくなりますが、出来ていない箇所だけ?られたら意欲減退です。

間違っている箇所は目立つように赤で×をして本人に気付かせるようにしないと……こういった固定観念が私達にはありますが、赤は攻撃的な色でもあります。

おそらく真ん中の突き出ていない“ほ”は、たまたま手が止まって“まぐれ”で正しく書けたのだとは思いますが、それでも綺麗な色で花丸をしてあげると「もっと頑張ろう」の気持ちになります。

(2)自己採点させる

ママが○を付けるのではなく、子どもに自己採点をさせましょう。自分が書いた文字の中で「優勝者の文字に花丸を自分で書いてね」「一番のお気に入りの文字の横にシールを貼ってみようか」と言いましょう。他のお友達の書いた文字と比較されることもなく、一定の基準で出来た出来ないを評価されることもないので、意欲がそがれることはありません。

LINEで送る