海外在住ママが伝授!「バイリンガル育児」を成功させる秘訣って?

217560298

217560298

芸能界ではここ数年ハーフタレントの活躍が目立ちますが、バイリンガルってやっぱりかっこいい!そんな憧れをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 自分は英語が苦手だけれど、子供にはバイリンガルに育って世界で活躍して欲しい、とお考えのパパママもいることでしょう。

教育現場でも、公立小学校で英語教育が始まり、それとともに子供向けの英語教室やインターナショナルプリスクールが増え、英語がますます身近なものになってきています。

今日は、シンガポール在住の1児のママである筆者が、シンガポールの事例をもとに、バイリンガル育児を成功させるコツをご紹介します。

 

■バイリンガル育児の4つのメリット

筆者が住むシンガポールは多民族国家ゆえにバイリンガル育児がとても進んでいます。一部のプライベートスクールを除き、早いところでは1歳半から学校で英語以外の第二言語を学び始めます。このような幼児期からのバイリンガル教育がもたらすメリットは、複数言語の習得以外にも以下のような点が挙げられます。

(1)他言語の習得が早いだけでなく、発音がネイティブに近くなる

(2)より多くの人とコミュニケーションをとることが可能になる

(3)広い視野を持つことが出来る、相手を理解する能力が育ちやすい

(4)脳の使う分野が増え、脳の活性化が促進される

一方で以下のようなデメリットもあると言われています。

・母国語の習得が中途半端になる可能性がある

・子供のアイデンティティーの確立が難しくなる

LINEで送る