えっ…それ過保護すぎ!「ぬるま湯子育て」が増えている理由って?

227114035

小さい子どもにハサミを使わせるのはちょっと危険かな……。それから砂場で砂をいじらせると黴菌が身体に侵入しそうで怖いかも……。こうして神経質で過敏な過保護なママは、「危ないから」「汚いから」と子どもの体験の場を知らず知らずに奪っていることがあります。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“ぬるま湯子育ての行く末”についてお話します。

 

■保育園の過敏な反応

保育園では時刻を決めてアルコール消毒をしたり、風邪気味でもないのに一日3回熱を測ったりします。親から見たら「ちょっと過敏すぎるのでは」と思うようなところがありますよね。それは集団の場なので風邪の菌が感染しないようにしているためです。けれども、これを家庭でまったく同じようにする必要はありませんね。

 

■怪我をするのが子ども

集団の場では頻繁に玩具の奪い合いが起こります。まだ言葉がうまく喋れない2歳前後の子ども達の間では噛みつき行為もたびたび起こります。 “戦いごっこ”に夢中になる子どももいます。ですから、当然、転んだり怪我をすることがあります。

保育園は“大事なお子さんを預かる保育士は子どもに怪我をさせない”というのが大前提で仕事をしています。ちょっとした打撲、擦り傷でも「大事なお子さんに怪我をさせてしまって申し訳ございません」と深々と謝罪します。

たいていの親は園を責めることはしないのですが、中には「どう責任をとってくれるんだ」と詰め寄るような保護者もいます。そうなると、この一人のクレーマーのために保育士はどうしても全体に対して神経過敏になってしまいます。

LINEで送る