私が悪いの?「ベビーカー論争」を巻き起こさないための基本ルール10

2531291_S

絶えることのない“ベビーカー論争”。5ヶ月の子どもをもつ1児のママである筆者もつい先日、バスに乗っている時に泣く子どもを膝の上に抱っこしてベビーカーには荷物を乗せていると「使わないなら畳んでください」と周囲の方に指摘されました。

しかし、片手では畳めないベビーカーでしたし、子供はまだ立つこともできないことから、どうすることもできずに泣きそうになった経験があります。

周囲の方へ不快感を与えないためにも、ご自身も不快な思いをしないためにも、ベビーカーを公共機関で使用する際にはマナーが必要です。

今回は、現役ママの筆者が経験を踏まえてベビーカー利用時の注意点とマナーについてお伝えします。

 

■バスと鉄道のベビーカー使用のルールの違い

国交省の調べ(2014年)によると基本的に鉄道会社のほとんどは、折り畳まずに乗車することを認めています。(特急車など一部の鉄道は折り畳んでのみ可)

その点バスは、バス会社によってルールが違うようです。

折り畳まずに乗車できることもありますが、混雑時には“乗車中のベビーカーに、折り畳みを依頼”または“折り畳んでのみ乗車可”というスタイルをとっていることが多いようです。

 

■都バスのベビーカー使用時の注意点

ただでさえ車内でのベビーカーは周囲の目が気になりますが、朝夕のラッシュ時には冷たい視線を感じる他、身動きがとれなくなるため、事故にも繋がりやすくなりますので控えた方が良いかと思います。

特に鉄道よりベビーカー利用のルールがまちまちなバスの場合、ラッシュ時には抱っこ紐を使用した方が良いでしょう。

参考までに、都バスのベビーカー使用時の注意点を紹介します。

次の場合には、折りたたんでのご利用となります。

(1)朝夕のラッシュ時など車内が混雑している時

(2)ベビーカーが2台乗車されている時(お子様を乗せたままのご利用は、同時に2台まで)

(3)車イスをご利用のお客様が乗車されている時(既にベビーカーを固定している場合でも車イスをご利用のお客様が乗車の場合は車イスを優先)

(4)ベビーカーに荷物等、乗せて乗車する時

(5)車内の通路をふさぐ、車内で転回できないベビーカーを利用時(2人乗りや大型のベビーカーで折りたたむことができない場合は乗車を遠慮いただく場合がある)

筆者が体験したように、まだ赤ちゃんの場合、ベビーカーから赤ちゃんを降ろして、抱っこしながら片手でベビーカーを畳むという作業はとても大変ですので、最初から抱っこ紐で乗車した方がママにも赤ちゃんにも負担がなく済みます。

LINEで送る