【専門家が指摘】「高齢出産夫婦」のマネープランと意外な落とし穴!

261027668

近年、女性の社会進出や晩婚化の影響で、女性が初めて子どもを産む年齢(初産年齢)が上昇しつつあります。子どもは授かりものではありますが、“何歳で子どもを産むか”“何歳で子どもを持つか”ということは、家族のマネープランやライフプランに大きな影響を与える可能性があります。

今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が、高齢出産夫婦のマネープラン・ライフプランについてお話します。

 

■女性の初産年齢は上昇中!「年の差夫婦」も注意が必要

厚生労働省の人口動態統計によると、女性の平均初産年齢は、平成7年では27.5歳でしたが、平成23年には30.1歳と30歳を超えました。その後も徐々に上昇を続け、平成26年は30.6歳に。そもそも晩婚化で結婚する年齢も遅くなっていますし、女性の社会進出が進み、仕事に打ち込んでいるうちに高齢出産になってしまうというケースも多いと思われます。

しかし、高齢出産夫婦ではその後のマネープランをしっかり立てておかないと、老後に大きな影響が出る可能性があります。また、高齢で出産する場合だけでなく、妻の出産年齢が低くても“年の差夫婦”で夫が高齢である場合も注意しておかなければなりません。

 

■高齢出産夫婦の「マネープラン・ライフプラン」のメリット

妻が仕事上のキャリアを積んでの高齢出産の場合、産休や育休をとっても仕事に復帰した場合のキャリアプランが立てやすいといえます。これまで頑張ってきたキャリアを無駄にしないように仕事を続けていくことが多いので、マネープランも安定する傾向があります。

高齢出産夫婦は社会経験も多く、若い夫婦より貯蓄や収入も多いのはメリットです。家族が増えても安定した生活を送れる場合が多いでしょう。

LINEで送る