0歳児の死因9割が「家庭内での不慮の事故」だった!月齢別にみる対策法

近年増加する家庭内での不慮事故。赤ちゃんは好奇心のかたまりであり、「これは触っちゃいけない」「ここには入っちゃいけない」なんていうことはもちろん分かりませんから、ママが注意することで子どもを危険から守る必要があります。

“ついうっかり”で後悔しないためにも家の中での不慮の事故を防ぐ対策法をお伝えします。

 

■0歳児の死因9割が「不慮の事故」によるもの

平成25年の消費者庁の発表によると、子供の死因として0歳、1~4歳、5~9歳という年齢別で見ても共通して“不慮の事故”が上位になっています。

1~4歳以降になると交通事故の割合が高くなりますが、0歳児で圧倒的に多いのは“不慮の窒息”で全体の90%を超えます。

この不慮の窒息は1~4歳児でも交通事故の次に多く、外より安全そうな家の中にも意外と危険がいっぱいだということが明らかですよね。

また、独立行政法人国民生活センターは2015年3月に消費者庁と連名で“パック型液体洗剤の誤飲”に関する注意喚起を行ったそうです。

何でも口に入れてしまう子供は一瞬も目が離せませんから、子供が興味を引きそうなボタンや電池、パック型液体洗剤などには気を付けたいものです。

LINEで送る