「子どもを産むと女性は冷たくなる」は本当か…?夫婦の会話を取り戻すには

shutterstock_169194551

産後すぐというのは、赤ちゃんのお世話で精一杯で、夫婦の会話が事務的なものになったり、疲れやストレスからギスギスしてしまうという方が多いもの。ある程度仕方のないことかもしれませんが、その状態が長引くと、夫婦の間に大きな溝を開けてしまうことになりかねません。

円満な家庭を築きたいと思うなら、子育て中も夫とのコミュニケーションを良好にする努力はしたいもの。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、産後の夫婦の会話の実態と、夫の本音、そして夫との良好なコミュニケーションを取り戻すコツをお伝えします。

 

■「子育て中の夫婦の会話の実態」と夫のリアルな本音

みなさんは、普段、パートナーである夫とどのぐらいの時間会話をしていますか? また、内容はどんなことが話題になりますか?

株式会社ドゥ・ハウスが、未就学の子どもを持つ20代~60代の男女を対象に「夫婦の会話」に関するWEBアンケートを昨年実施したところ、夫婦の会話量は、それぞれ平日「15~30分未満(28.5%)」、休日「1時間~3時間未満(28.5%)」が一位という結果になりました。

夫婦間の会話の内容は、やはり圧倒的に“子ども”のことが多く、男女ともに一位でした。

そして、夫婦の会話について自身の満足度を100点満点でつける質問では、平均値が62.4点という結果に。この点数にした理由には、「話したいけれど、それぞれ忙しいから話す時間がない」といったものが多かったようですが、夫婦の会話の満足度に低い点数をつけたパパの中には、こんな意見がありました。

「子どもが中心になっているので、自分が構ってもらえない。(35歳・男性)」

心当たりがあり、ギクッとしたママも多いのでは? 実際、筆者も会社員をしていた時代、妻子持ちの男性が飲み会などでよく「子どもを産むと女性は冷たくなるよなぁ」というようなことを言っていたのを耳にしています。

男性は本音や弱みを女性に見せたがらない生き物ですから、直接口に出すことは少ないかもしれませんが、本当は「寂しい」「もっと構ってほしい」と思っているということを、もっと理解しなければいけないのかもしれません。

LINEで送る