親子で大満足♡という噂の「エルゴベビー」が大人気な理由が判明!

赤ちゃんが生まれてすぐの時期は1日中抱っこの生活。多くのママは肩こりや腱鞘炎、腰痛などに悩まされて、もう背中がガチガチ……という声もよく聞きます。

そんなママの必需品が“抱っこひも”。赤ちゃんとママをしっかりサポートしてくれる心強いアイテムです。だからこそ、本当に使いやすいものを選びたいですよね!

でも、どんな抱っこひもを選んだら良いのかよく分からないというママや、どれも同じと思っている方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに、使いやすい抱っこひも選びのポイントをお教えしましょう。 

 

抱っこひもを選ぶ時のポイント6つ

“使いやすさ”とひとことで言っても、それぞれのママごとに生活スタイルは違うもの。どんな点を重視するかも、やっぱり異なるものなのでしょうか。ライフスタイルやなにを重視するかは違っていても、基本的なポイントは変わりありません。ママたちが抱っこひもに求めるポイントをいくつか挙げてみましょう。

(1)まずはやっぱり安全性が高いこと

(2)長時間使用してもなるべく疲れにくいこと

(3)新生児から大きくなるまでずっと使えること

(4)シーンに合わせていろいろな抱き方に対応できること

(5)お出かけにも使うものだから、デザイン性も大切

(6)できればコンパクトで持ち運びにも便利なものを

ママにとっては、どれも妥協できないポイントばかりです。すべてのポイントを全て兼ね備えた抱っこひもは本当に見つかるのでしょうか?

その答えは知っているのは、ママでした。街を見渡すと、2人に1人のママが使っているのが『エルゴベビー』。ママたちの会話に必ず出てくるほどの人気なのです。

もしかすると、最後の“コンパクト”という点で言うと、「え?」と思うママもいるかもしれません。『ベビーキャリアラップ』を使えば、頑丈な形状の『エルゴベビー』もスッキリコンパクトになるのです。

これらの特徴の中でも、特にママが重要視する2つのポイントをご紹介していきますね。

 

新機能で使い心地そのままに「安全性」が向上!

ママにとっての使い心地はもちろん重要ですが、まず、はじめに考えたいのは赤ちゃんの命に関わる“安全性”ですよね。

『エルゴベビー』は“赤ちゃんが安定し、しっかりしたホールド感で安心して使える仕様”が大きなポイント。たくさんのママから選ばれてきた人気の秘密もこのあたりにありそうです。

さらに、この冬のモデルから『エルゴベビー』に新機能が追加されて、安全性がもっと進化したのです!

その新機能とは『ベビーウエストベルト』。この機能は、内側で赤ちゃんとママの腰回りをしっかりホールドしておくことが出来るすぐれもの。もしもの時もしっかりとホールドしてくれて、より安心になりました。

『エルゴベビー』の特徴でもある、赤ちゃんの快適な座り姿勢はこれまでと全く変わりませんし、“インサート”を使用すれば新生児からも使えます。

『ベビーウエストベルト』の取り付け方法は、バックルをカチっと片手で留めるだけのシンプル装着。煩わしさが増えることも全くありません。つまり、今までのエルゴの良さはしっかり保ったまま、もっと“安全性が増す”ということです。

 

負担分散の安心構造で「ママへの負荷」も軽減

生まれてから2歳半までに1日平均“1.6時間”も抱っこひもを使用しているという調査結果もあるように、子育てファミリーでは抱っこひもは頻繁に使用するもの。

長期間にわたって、毎日長い時間使用するものですから、どんな抱っこひもを選ぶかによって、子育て中のママへの負担もかなり変わってきます。だからこそ、商品選びはとても重要なのです。

筆者は現在、4カ月の子どもの子育て中。毎日『エルゴベビー』を愛用しています。

抱っこひもを複数試してみたのですが、毎日使用する新生児期から、お昼寝や夜の寝かしつけにも抱っこひもを多用する私には、いかに装着が簡単で、長時間使用しても疲れにくいかを重視した結果、「エルゴベビー・ベビーキャリア」にたどり着きました!

『エルゴベビー』は、人間工学専門家が認めた『エルゴノミックデザイン』。腰全面で荷重を分散して支えられる設計になっているため、“赤ちゃんを抱っこしているような付け心地”が実現します。負担が集中することなく、ママの使用感もバッチリです。

 

いかがでしたか。

『エルゴベビー』がたくさんのママから選ばれているのは、ママが求める、圧倒的な“使いやすさ”や“安全性”が備わっているから。さらに、ファッション性も高いのが人気の秘訣なのですね。

これから抱っこひもを検討されているという方は、是非参考にしてくださいね!

【参考】

※  現役ママたちが注目する『エルゴベビー』の詳細はコチラ

Sponsored by 株式会社DADWAY

LINEで送る