昨年より「1万円」でも多く貯めるためには?タイプ別お金の管理法

188572904

2016年が始まり、「今年こそはお金を貯めよう!」と決意を新たにしているママも多いと思います。その決意が年半ばで断念しないよう、まずは自分のタイプを見極めてお金を貯まる管理法を見つけるのがポイントとなってきます。

今回はファイナンシャル・プランナーである筆者が、ママのタイプ別に“昨年より1万円でも多く貯める”ための家計管理法を伝授します。

 

■2人以上世帯の平均貯蓄額は?

総務省の家計調査によると、平成26年の2人以上世帯の平均貯蓄額は1798万円です。「え~っ、そんなに!」と思うかもしれませんがこれは全世代の平均値。世帯主の年齢が20代では268万円、30代では610万円となっています。もちろんあくまで平均値。貯蓄額が100万円未満の世帯も20代で約3割、30代では約2割となっています。

同じ年代でもばらつきが大きいところを見ると、収入もさることながら家計管理一つで将来の貯蓄額が大きく変わってくる気がしますね。

 

ママのタイプ別お金の管理法

家計管理はこうあるべき!というきまりはありません。几帳面なママ、ずぼらなママ、自分に合った家計管理法を見つけていけばよいのです。ママのタイプ別家計管理の方法を伝授します。

(1)しっかり几帳面ママ

家計管理の王道、毎日家計簿をしっかり付けて、月の終わりに収支を集計しておきましょう。1円単位の細かいお金の帳尻を合わせようとして挫折!ではなく、食費、光熱費など費目ごとにざっくりと金額を把握することを心がけ、その月の実績から次の月の予算を決めましょう。

LINEで送る