どんな状況下でも「幸せ」と感じられる人はココが違った!子どもを不幸にしないためのリセット法

277078091

コップに半分入った水を見て「まだ半分もある」と安心する人と「もう半分しかない」と焦る人がいます。どんな育てられ方をされたかで大人になったときの物の考え方が変わります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、どうやって考え方の癖ができるかについてお話します。

 

■何でも「幸せ」と感じる人の思考って?

同じ事実でも人により、その捉え方は大きく異なります。

●コップに半分入った水を見て

「半分しか入っていない」

「半分も入っている」

●40歳の誕生日を迎えて

「もう、おばさんになってしまった……」

「あと、40年どう楽しく生きよう!」

早期がんが見つかって

「ああ、もう死ぬんだ。終わりだ……」

「早く見つかってラッキー」

このように、同じ状況下でも感じ方が違ってきます。これはその事実が人の感情を左右するのではなく、“自分の心がそのことをどう捉えるか”によるのです。

 

■子どもが「60点」を採ったらどんな言葉をかけますか?

クラスの平均点は80点なのにも関わらず、ある小学生が60点とってきました。ママは「どうして平均点に行かなかったの」と落胆して言いました。子どもは次に頑張って平均点以上の90点をとりました。ママが喜んでくれると思ったら「もうちょっとで100点じゃない、今度は100点目指して頑張りなさい」と言われました。

更に努力して100点取りました。すると「2番にならないようにこれを維持してね」と言われました。

“何をやっても次を求める”そんなストイックで完璧主義の親に育てられた子は以下のような特徴があります。

(1)完璧主義

(2)ストイック

(3)上昇志向が強い

(4)責任感が強い

(5)真面目

そのため、将来仕事で成功し「凄いね」と他人から評価されても、“コップに半分も水が入っている”と思える性格ではないので「まだ、自分にはこれが足りていない、そのためにあれもしなくてはならない」と自分を奮い立たせ、追い込んでいくのです。

クラスの平均点はどうであれ、「60点取れたのね。頑張って勉強していたもんね」と言われて育った子どもは自分の置かれた状況に満足することができるようになります。失敗しても自己否定することなく受け入れられるので、人生、生き易いのではないでしょうか。

 

■考え方の癖を直すコツ

筆者は“子育て”をお題にした講演会に講師としてよく招かれます。そして、こんな質問を受けることが多くあります。

「よく“子どもは褒めて育てなさい”と耳にするけれども、子どもをどうやって褒めたらいいのかわからないのです。褒めるのとても苦手なんです」

多分、その人は自分の親から褒められたり認められる子育てをされてこなかったので体験がないのです。だから、自分が親になったときわが子をどうやって褒めたらいいのかわからなないのだと思います。

テクニック的なこととして「短所には目をつむり、長所に目を向けましょう」などの方法論はたくさんありますが、本を読んで知識を入れたとしても、そう簡単には幼い頃から染みついた“考え方の癖”は直せません。

子育てしている自分に対しても完璧母さんを目指して「もっといいママにならないといけない」「他のママに比べて、あれが出来ていない、これができていない」とダメ出しをしてしまいます。子どもが成長していてもそこには目が行かず、子どもにも同じようにダメ出しをしてしまうのです。

そんなママは、まずお子さんが生まれた時のことを思い出しましょう。誰しも「無事に生まれてきてくれたら、ただそれだけで幸せ」と願ったはず。そんなシンプルな思考を思い出してみましょう。

 

いかがでしたか。

わが子には、多くの宝物を持っているのに「自分にはあれもない、これもない」と“ないもの探しの旅”をしてしまうような考え方を持たせたくはありませんよね。“コップに半分入っている水”を「半分も入っている」と感じられる人間に育てましょう。

代々、受け継がれてしまった“子育ての負の連鎖”をこの辺で断ち切りませんか?

 

【画像】

※ Lopolo / Shutterstock

【関連記事】

 

※ 脳科学が証明!「●歳までの本の読み聞かせ」が子どもの人生を左右する

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

【PICK UP! Sponsored 記事】

KDDIなし

図1

※ 「素肌力」UPの秘訣って?すっぴん美肌ママを目指したいなら今

可愛いフォトカレンダーが毎月もらえる!子供の写真整理にも便利な無料アプリ♡

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは【PR】

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

【参考】

※ 立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

 

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る