今スグして!わが子の「短所にイライラ」するママが絶対すべきワーク

子どもの行動にイライラしてしまうママ。でもそれ、子どもの行動そのものに問題があるというよりも、あなたの心がそう思わせているだけかもしれません。

見かたを変えると子どもの短所と思っていたことも、むしろ長所と思えてくる他イライラすることが少なくなるはず。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“子どもの短所との付き合い方”についてお話します。

 

■「幽霊」かと思ったら「ススキの穂」

“幽霊の正体見たり枯れ尾花”ということわざがあります。幽霊かと思ってよく見ると枯れたススキの穂であった。実体を確かめてみると案外,平凡なものであるという、意味です。

通常はススキを見ても誰も「幽霊だ」と恐れることはありません。でも、心が不安に満ちていたら、きっと夜道をこわごわ歩く恐怖心がそう思わせることは想像できますよね。

また、別の例として『おやすみなさいフランシス』という大ベストセラーの絵本があります。熊の子どものフランシスが一人寝かさせるとき、椅子の背にかけられたガウンを見て「大男が自分を食べに来た」と怖くなります。

天井のヒビを眺めて「あの隙間から虫が出てきて自分を襲いに来るかもしれない」と怖がりなかなか寝られない、そんな一人で寝かされる子どもの寂しさ、怖さを表した絵本で、多くの子ども達に共感を与えています。

このように“事実”とはその人の心の持ちようで如何様にも変わるのです。

 

■自分の「感情フィルター」が物事を決定づけている

心理学で“投影”という言葉があります。相手の行動を自分がどう感じるかは自分の感情というフィルターを通して常に見ているという意味です。

ある母親が子どもを公園に連れて行ったとき、子どもがみんなの輪に入らずグズグスしていると「どうしてそんなに人見知りするの、子どもらしく元気に走り回ってみんなの輪の中に入りなさい!」と叱りたくなりました。

それは子どものその行動自体の良し悪しというよりも、あなたの心の中に“子どもは公園に行ったら元気にお友達と遊ぶもの”“さっさと行動することは良いこと、グズグスしていることは悪いこと”の一定の価値基準が、子どもの行動に対してイライラする感情を作り出しているのです。

LINEで送る