え…冬休み明けで逆戻り!? 保育園・幼稚園「イヤイヤっ子」への3つのアプローチ

58314529

保育園や幼稚園に通い始めた当初は、たいていどんな子でも大泣きするもの。それがしばらく経つと、いつのまにかイキイキと楽しく通うようになってきて、そんなわが子の姿を見ると「たくましくなったなぁ」と感慨深くなりますよね。

でも、油断は禁物! 実は保育園や幼稚園を嫌がる時期って、通い始めた“4月”だけの話じゃなんです。保育園・幼稚園イヤイヤって、定期的にやってくるものなんです。

もしかしたら、今まさに「あれ、なんで!? 休み前まではあんなに楽しく通ってたのに……」と困惑中のママも多いかもしれません。

そこで今日は、コミュニケーションライターの筆者が、“保育園・幼稚園イヤイヤが起こる時”とその対処法をお伝えいたします。

 

■保育園・イヤイヤはいつ起こる?

(1)大型連休明け

保育園・幼稚園イヤイヤがいつ起きやすいかというと、ひとつは、やはり大型連休などの休み明けです。GWやお盆休み、正月休みは、おでかけや楽しいイベントが盛りだくさん。緊張感もなくなり、生活リズムも崩れやすくなります。

一度緩んだ生活リズムをもとに戻すのは、けっこう大きなパワーがいるもの。大人である私たちも、連休明けの初出勤は、憂鬱な気分になったり、体がついていかなかったりしますよね。

子どもであってもそれは同じ。特に今月は、年越しのカウントダウンや親戚同士の集まりなどで、いつもより夜更かしをしていたという家庭は多いのでは?お正月明けにまたすぐ三連休がありますし、1月は大型連休の中でも最も保育園・幼稚園イヤイヤを引きやすい時期と言えるかもしれません。

 

(2)保育園・幼稚園で嫌なことがあったとき

保育園・幼稚園イヤイヤが起こるのは、大型連休明けだけではありません。保育園や幼稚園でお友達と喧嘩をしたとき、仲間外れにされたとき、先生に怒られたときなど、嫌なことがあったときも起こります。

筆者のママ友の子どもは、「自分だけ跳び箱が飛べないから行きたくない!」と言ってきたことがあるそうです。

LINEで送る