将来、算数を苦手科目にしない!お風呂で育つ「算数力」とは?

169784816
source:https://www.shutterstock.com/

 「1,000mlは何dl(デシリットル)ですか?」これは小学校2年生の問題です。まだ片言しかしゃべらないわが子が数年先には算数でこのような問題にチャレンジしなくてはなりません。

でも、今から日常生活の中で色々な体験をさせているとこういった問題も楽々こなせるようになります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、今から育てる算数力についてお伝えします。

 

■どの子も嫌がる“単元”って?

筆者は長年、小学生に算数を教えていました。その中でどの生徒も共通して嫌がる単元があります。 “かさの単位”リットル、デシリットルの単元です。

「え、2年生で習うの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、今はもう“ゆとり教育”の時代ではありません。昔は4年生で教えていた単元ですが今は2年生で習います。

そして、学力が比較的高い生徒でも嫌がります。

何故、どの子もつまずくのでしょうか? それは普段生活の中で使われていない単位なので、ピンとこないのです。最初はl、dlを「英語だ~」なんて喜んでなぞっているのですが、換算問題が登場するとお手上げ状態になります。

因みに、“1,000mlは10dl”です。

日本中どこのスーパーに行っても、デシリットルの単位で売っている飲み物はありません。だから、大人でも答えられない人が多いのです。

LINEで送る