【助産師が教える】スムーズな「卒乳」成功へむけた3つの事前準備とは?

生まれてすぐおっぱいを吸ってくれたわが子。最初は痛くて泣いたりした日々もあったけど、いつのまにか上手に吸いつけるようになり、離乳食を食べるようになってからは、嬉しい反面、少しずつおっぱいから離れていくような気がして淋しかったり……。

そんなことを思い出しながら、卒乳していくママも多いのでは? ですが、寂しがってもいられない時はやってきます。事前準備を間違えてしまうと思いもかけず卒乳を断念せざるおえない状況になってしまうかもしれません。

そこで今回は、助産師である筆者が、“スムーズに卒乳するための母子共にしておきたい事前準備”についてお伝えします。

 

■卒乳前にママが気を付けたい3つのこと

(1)卒乳の必要性を考える

ママたちのお悩みを聞いていると、“仕事復帰”を機に卒乳をされる方が多いようです。ですが、それまでおっぱいを問題なくあげられていたママの場合、“母乳で育てた”という達成感も気持ちの上で大切です。

“仕事復帰=卒乳”といったタイミングだけで、急に卒乳させるのではなく“本当に卒乳する必要があるのか”もう一度考えてみてくださいね。もし、月齢が小さいならば、搾乳をして授乳を続けるという方法もありますよ。

(2)ママの体調が万全か

現在おっぱいのトラブルはありませんか? 乳腺炎があるママは、卒乳後おっぱいのトラブルになりやすいため、事前におっぱいを診てもらえる産院を受診しておきましょう。

また、ママの体調が思わしくないと、おっぱいのトラブルを招きやすいので、卒乳をスタートさせるのは、ママの体調が万全な時期に行っていきましょう。

(3)家族の協力を得られる状況か

“おっぱいをあげる”というママとの大切なスキンシップがなくなってしまう分、子どもにたくさん愛情をかけてあげることが重要です。それはママだけじゃなく、パパやそのほかのご家族に協力してもらえるようにママが働きかけておきましょうね。

LINEで送る