マタニティ期こそ要注意!「こんなタイプの妻」が夫の自信を失わせている…!?

139495166

待望の妊娠が判って喜びでいっぱい。その一方で、つらい悪阻が始まり、精神的に不安定になることは多くの女性が経験すること。イライラして怒りっぽくなったり、不安や心配で涙が止まらなくなることもありますよね。

それは急激なホルモンの変化が原因しているので、ある程度仕方がないもの。でも、夫に不安定な感情をそのままぶつけていると、夫婦関係が悪化してしまうことがあります。

今回は、4回の出産経験がある夫婦カウンセラーの筆者が、妊娠中の夫の浮気や家出など、出産を機に夫婦危機を招かないためにも幸せなマタニティーライフを過ごすコツをお伝えします!

 

■「両親学級」に要注意!?

初めての妊娠は、プレママとパパにとっては戸惑うことばかり。そんな不安なママとパパに、市町村や病院が主催している“両親学級”では妊娠中の身体の変化や栄養のこと、出産の準備から産後の生活まで、詳しい知識を学ぶことが出来ます。

ほんの十数年前までは“母親学級”という呼び方がされており、参加対象は母親だけでした。それが共稼ぎ世帯が増えた社会的背景から、「パパもどんどん育児に参加しよう!」という流れに変わって来ました。

妊娠がどれだけ女性の身体に負担であるのか、父親の協力が必要不可欠であるかをプレパパ達に意識させる目的があるようです。でもこれが実は、夫婦関係を悪化させるきっかけとなる恐れがあるのです。

LINEで送る