歯科医が教える!将来の「輪郭美人」のためにしておきたい子どものお口ケア4つ

56990719

第一印象といえば、服装、髪型、そしてやっぱり“顔”と考える方が多いのではないでしょうか? 顔の中でも特にシャープで美しい輪郭は、第一印象として大きな部分を占めるかもしれません。

わが子にもぜひ輪郭美人になってほしいと願いつつも、ポカーンと口を開けながらテレビを見たり、しまりのない顔をしているわ……なんて感じたことはありませんか?

そこで今回は、ママ歯科医である筆者が、輪郭美人につながる子どものお口のケアについてお伝えします。

 

「顔の輪郭」は第一印象の大きな決め手!?

子どもが幼稚園入園を控える年頃になると、子どもを通してのママ同士の繋がりが増えてきます。“はじめまして”の第一印象は、ママにとっても子どもにとっても大切ですよね。

品川スキンクリニックが男女1,000人に行なったアンケートによれば、“初対面の人の第一印象はどこで判断しますか?”と単一回答にて質問したところ、“顔”との回答がダントツの1位という結果になりました。ママ同士でもパッと“顔”を見て第一印象を決めていませんか?

一方で、マンダムが行なった『女性の自撮りに関する意識調査』では、20代・30代女性の74%が自撮り経験ありと回答。そのうちの60%が写真を加工したことがありました。“1箇所しか加工できないとしたら、どこを加工しますか”との質問に、どちらの年代でも“輪郭”が5位にランクインしており、顔の輪郭に悩む女性の多さが伺えます。

子どもの顔は年齢とともにどんどん変化していきます。小さな子どもが大人になったとき、どんな顔になるかは予測がつきませんが、ぜひわが子には素敵な輪郭美人になってほしいものですよね。

LINEで送る