人助けは「幸福度」をUPさせると判明!幸福を感じられる子に育てる方法

■「人に親切な人」はストレスが少なく精神的に安定

自分だけが得をすればいいというような自己中心的な人や、人に対する思いやりのない人は、当然ながら、人助けをすることも少ないでしょうから、ストレスが軽減されず幸福感も少ないということですね。

人に親切な人達の多くが、いつも穏やかでにこやかで落ち着いているように見えるのは、人助けをすることで、ストレスが減り、幸福感が増しているから。ちゃんと根拠のあることだったのです。

この研究では、民族や文化が違っても同じような結果がでるのかさらに検証するようですが、国際的にも人に親切とされる日本人には当てはまることでしょう。

 

■「幸福」を感じられるような子に育てる方法

この研究からわかることは、人を助けることが幸福感につながるということですね。ですから、わが子を、幸福を感じられるような子に育てるには、人に親切にすることを教えればいいということなのです。

人助けの相手は、友達でも見ず知らずの人でも構いません。また、ささいなことでも構わないのです。

たとえば、自分のおもちゃをお友達に貸してあげるとか、順番を譲ってあげるとか、電車やバスの中でお年寄りに席を譲ってあげるとか、人が落としたものを拾ってあげるとか、子どもでもできることはいっぱいありますね。

そしてママも、後ろから来る人のためのドアを押さえてあげるとか、エレベーターのボタンを押してあげるとか、お年寄りや身体の不自由な人を助けてあげるなど、人に親切にする姿を子どもに見せてくださいね。人に親切にすると、ママ自身のストレスも軽減できますし、ママも幸福感を味わえるのです。

 

いかがですか?

ママが人に親切にすることは、相手が喜び、自分のストレスが軽減され、さらに子どもを幸福感を感じられる子に育てるためのしつけになるのですから、一石三鳥です。些細なことでいいので、ぜひ勇気を出して、子どもと一緒に人助けをしてくださいね。

 

【参考】

Helping others dampens the effects of everyday stress

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・専門家ライター。日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子供英会話教室設立。30年以上に亘り子供英語教育に携わり、現在3~6歳までの子供にバイリンガル教育を実施中。近著は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

 

【画像】

※ racorn / Shutterstock

【関連記事】

KDDIバナー(PR)

※ 息子を「小さな彼氏♡」扱いするのは危険!? 男の子ママが気をつけたい3つのコト

※ あなたの子どもはどっち?子どもが「パパっ子」に育つ家庭の特徴3つ

※ 恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

【PICK UP! Sponsored 記事】

ママの強い味方になるかも!世界初※1の「“泡のハンドソープ”で洗えるスマホ」が赤ちゃんの衛生を守る

可愛いフォトカレンダーが毎月もらえる!子供の写真整理にも便利な無料アプリ♡

『バンホーテン』の話題動画がママの日常「あるある」で思わず共感!?

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

※ 貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは【PR】

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは

LINEで送る