人助けは「幸福度」をUPさせると判明!幸福を感じられる子に育てる方法

145195804

誰かを助けてあげたり、誰かの役に立った時、なんだかいい気分になりませんか? 自分は別に何かを得たり得をするというわけでもないのに、不思議ですよね。もしかしたら人間って、誰かの役に立つことで幸せを感じるようにできているのかもしれません。

今日は『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、「人を助けると幸福感が高まる」というアメリカの研究をもとに、わが子を幸福を感じられる子にする方法をお話します。

 

■米イエール大学の研究

米イエール大学の医学部の研究者エミール・アンセル氏によると、「私達の日常は、多くのストレスを受け健康が脅かされているが、誰かを助けることで、自分自身のストレスを軽減させ、幸福感を高めることができる」と言うのです。

この研究は18歳から44歳までの成人を対象に調査されました。毎日その日の行動を細かくチェックし、何らかの人助けを行ったかどうかを確認していきました。

その結果、人助けを行った人は、ポジティブな気分になり1日の幸福感が高まりました。逆に、人助けが普段より少なかった人は、ネガティブな気分になり、その日の幸福感は少なかったのです。

また、人助けを多くする人は、ネガティブな感情が抑えられ、感情や精神の健康が保たれていたそうです。

LINEで送る