JAL、ANAは?「赤ちゃんの搭乗制限」と快適なフライトのコツ5つ

204911659

0歳児でも飛行機に乗って大丈夫なの?とお思いの方もいるかと思いますが、実は赤ちゃんの飛行機搭乗に制限がないということをご存じでしたか?

各航空会社によって規定を設けているところもあり、例えば、JALや ANAは共に“生後8日から搭乗可能”としています。それでも0歳児と一緒のフライトは様々な不安がつきもの。

筆者はシンガポールで出産し、初の里帰りは生後3ヶ月でした。その後も生後6ヶ月で近隣の国へ旅行に行ったりと0歳児を連れて何度もフライトを経験し、その度に失敗もありました。

この経験から、0歳児を連れての空の旅を快適に過ごすコツをご紹介したいと思います。

 

■「0歳児を連れてのフライト」を快適に過ごすコツ5つ

(1)良い席はとにかく早めにゲットが鉄則!

赤ちゃん連れは寝かしつけやおむつかえなどとにかく座っていられません。どうしても席から立つ機会も多くなり、また手荷物も多くなります。

赤ちゃんがバシネットで寝てくれるようであれば、バシネットの使える席数も限られています。一番前列の出来れば通路側の席、ここが赤ちゃん連れには一番便利な席なのですが、席数も限られているため、フライトを予約したらできるだけ早めに席も予約しておきましょう。

 

(2)“想定プラス1”を用意しておく

旅行という非日常の状態に加え、空の上では気圧、気温が大きく変わります。そのため、赤ちゃんは時に予想だにしない行動を起こすことがあるのです。

筆者が初めて日本に里帰りした行きの便では7時間のフライトのうち、なんとうんちを5回も!しました。しかも、いつも以上の量で、下のズボンの替えが足りなくなるという悲劇に見舞われました。

その時は余分に準備していたブランケットを巻いて飛行機を降りたのですが、それからは想定プラス1を常に用意するようにしました。

LINEで送る