「しつけ」の域を超えてる…?子どもに「暴力」を振るう夫の対処法

子どもをしつける上で、体罰も時には必要……と考える親は実は少なくありません。例えば、危険なものに手を伸ばしたり、あまりに乱暴なことをした時には“おててをパチン”として、「ダメ!」と教えるくらいは、誰でもやっていることかも知れませんね。

しかし、それがだんだんとエスカレートして、叩いて教えるのが当たり前になってしまっている家庭もあります。それもパパの方がママよりも厳しく、“しつけ”と言いながら子どもに暴力を振るう夫を、心の中で「許せない」と感じて悩んでいるママたちがいるのです。

今回は、『新・良妻賢母認定講師』の筆者が、“しつけと暴力の見極め方、暴力を防ぐための夫へのコミュニケーション法”をお伝えします。

 

■「しつけ」と「暴力」の境界線は?

子どもに優しくて甘いパパが増える一方で、昔ながらの“頑固親父”を理想として子育てをしているお父さんも存在します。

子どもが嘘をついたり、約束を破ったり、お友達にケガさせるような乱暴をした時などは、お父さんが威厳を持ってビシッと叱った方が良いということもありますよね。多少の体罰も仕方ないという場面もあるかもしれません。

でも、明らかに親の機嫌や一時的な感情で子どもを叩いたり、すぐに手が出てしまうのはどうでしょうか?

「なかなか泣き止まない」とか「食べ方が汚い」というような、幼い子どもなら仕方もないことで体罰を与えるのも考えものです。親のイライラを子どもにぶつけているだけで、それは“しつけ”とは言えません。

筆者への相談でもっとも多いのは、その“境界線”にあるような夫の体罰です。

確かにここは子どもに言い聞かせた方がいいというタイミングだけど、そこまで怒鳴ったり、叩かなくてもいいんじゃないか? 夫のやり方は、ちょっと行き過ぎなのでは?……とママたちは悩んでいるのです。

そんな時、エキサイトして怒っている夫にどんな声をかけたらいいのでしょうか? では、家庭崩壊になりかねない悪い例と、夫婦関係も改善する良い会話の例をご紹介します。

LINEで送る