「知らない人についていっちゃダメ」では危い!? 悲しい事件に巻き込まれないために親がすべき3つのコト

221942959

子どもに「知らない人は疑え!」と教える親がいますが、道でよく見るおじさんは子どもにとっては“知らない人”ではなかったりします。そして、実は“顔見知り”の中で誘拐事件が頻繁に起こっているのです。

このように、わが子が悲しい誘拐事件に遭わないためにも、小さい頃から子どもの防犯意識を高めることは大切なことです。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どもの防犯意識を高めるために親がしてあげたいことについてお話します。

 

■「知らない人についていっちゃダメ」って言うけれど…

幼児が一人で出歩くことはありません。数年後の小学校入学後は集団登校があるとはいえ、住んでいる場所によっては一人で登下校する子どももいます。魔の手は子どもの傍にあり、こんな風に子どもを誘う大人もいます。

「お菓子を買ってあげるからついておいで」

「お母さんが交通事故にあって病院に運ばれたんだって。今からおじさんの車に乗ってお母さんのところへお見舞いに行こう」

「道に迷ってしまったんだ、助けてほしいんだ。車の後ろに乗って案内してくれない?」

こんなことをもし普段道でよく見かけるおじさんに言われたら、子どもは車に乗ってしまうこともあるかもしれません。

ママが子どもに「ちょっと待ってて」と言っても、それが1分なのか5分なのか、どれくらい待つのか子どもには分からないように、“知らない人”という曖昧な教え方では子どもには伝わりません。

よく言う「知らない人にはついて行ってはダメよ」ではどこまでが知り合いでどこまでが知らない人なのか子どもには判別ができないのです。ですから、次のように教えましょう。

・「○○ちゃんのママ、○○ちゃんのママ、幼稚園の先生、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんではない人が『車に乗りなさい』と言っても、絶対に乗ってはいけないよ」

ママとパパがいつも親しくしている人ではない限り、普段、道でみかけるおじさんも“知っている人の部類には入らない”ことをきちんと教えましょう。

「あまり親しくない人はまず疑いなさい」というしつけはしたくありませんが、最悪の事態を招かないためにもこうした危機意識は大切です。

LINEで送る