かえって悪影響かも…!子どもの強い精神力が育たない「悪しき平等主義」って?

30125056

困っているお友達がいたら手を差し伸べて助ける、みんな仲良くして協力する。こういったことは心を育てる上でも社会生活をしていく上でもとても大切なことです。

でも、これが行き過ぎて悪しき平等主義に陥っていることもあります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がいくつかの例を挙げてお話ししたいと思います。

 

■「悪しき平等主義」の事例4つ

(1)運動会

子ども同士競争させて優劣を付けてはならないという考えで、運動会で徒競走を廃止したり、勝ち負けを決めないでみんなで一緒にゴールしたりする保育園や幼稚園があります。

また、優勝した子どもより一番ビリになって最後まで走り切った子どもの方が声援を浴びて褒められる光景もあります。

 

(2)成績表

成績表は学力がどれくらいついたか示すものです。けれども小学校の成績表は“よくできる”“できる”“がんばりましょう”の三段階で1年生では“がんばりましょう”を付けない学校もあります。

また、昔は5段階評価だったり、全体の中でどの位置にあるのかの“相対評価”だったのに対して、今はその子自身を評価をする“絶対評価”です。他の子と比較しない評価なのでよい面が多いのですが、全体でどの位置に我が子がいるのかがわかりにくい面もあります。個人面談などで先生に聞いてみるとよいですね。。

LINEで送る