「ねぇママ、サンタさんって本当にいるの?」の疑問に答えてくれるクリスマス絵本3選

320871776

もうすぐクリスマスです。「サンタクロースって本当にいるの?」無垢な瞳で見つめられながら、そんな風にわが子から聞かれたら、どんな風に答えますか? または、「サンタって、ほんとうはいないんじゃないの?」と、試すように言われたら、あなたならどうしますか?

今回は、四児の母であり、子育てアドバイザーである筆者がそんな質問をするようになった子ども達に読んであげたい絵本を3冊ご紹介します。

 

■1:「サンタさんって何してるの?」に答えてくれる絵本

●『あのね、サンタの国ではね・・・』嘉納 純子(作)黒井 健(画)

「たくさんの子どもに、たくさんのおもちゃ、サンタさんはどうやって用意しているのかな?」「夏はなにもすることがないのかな?」そんな疑問への答えはこの絵本にあります。

サンタさんが夏の間にせっせとおもちゃを用意出来るのは、こんな仕組みがあったんだ!と、驚き納得する楽しい絵本です。

 

■2:子ども達の心に、“サンタさんと大人の優しさ”を残してくれる絵本

●『子うさぎましろのお話』佐々木たづ(作)三好碩也(画)

image

ここには、毎年来てプレゼントをくれる、“おなじみ”のサンタさんが登場します。子ウサギのましろは、もうひとつプレゼントが欲しくて身体を黒く塗り、黒ウサギになります。すべてお見通しのサンタさんでしたが、雪の中をやってきたましろを温かくくるみ、自分のサンドイッチをあげて、プレゼントをくれるのです。

あわよくばプレゼントをもう一つ、と願うましろの気持ちが分からない子はいないでしょう。最後の素晴らしいシーンはまるで、悪い子だった自分がサンタさんだけではな世界に許されたような、そんな温かくも泣きたい気分にさせてくれる絵本です。

LINEで送る