読み書きや算数…小学校入学前までに教えちゃダメですか?【専門家が回答】

80866957

色々知識がある子って「なんだか子どもらしくない」と非難されることがあります。それから“知り過ぎていると入学後、小学校の授業に飽きてしまう”とも言われます。果たして本当にそうなのでしょうか。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がいくつかの例を挙げてお話しします。

 

■子どもが「繰り返し」から学ぶこと

子どもってお気に入りの絵本があって毎日毎日、「これ読んで」と同じ絵本を持ってきませんか? 大人からすると「なんで内容をわかっているのにまた読んでほしいとせがむんだろう」と疑問に思いますよね。

でも、子どもは繰り返しが好きな生物なのです。内容を知っているからこそ「もう一回聞きたい」と思うのです。だから読み終えた途端「もう一回読んで」と要求してきたりします。

どこで何が出てくるか知っていて“笑う準備”までしています。”て・に・を・は“まで覚えていて少しでも間違えると「違う!」と怒って指摘してくることも。

大人は反復が苦手です。よほどのことでない限り、同じ映画を観たり本を読もうとは思いません。でも子どもは違います。繰り返すことで絵本の文章を自らの母国語として習得もしていきます。

たとえば昔話の猿蟹合戦のお話。「猿は蟹のおむすびが、うらやましくてたまりません。“俺の持っている柿の種を地面にまくと大きな柿の木になり実がたくさんなるよ”」といった文章を毎日のように読み聞かせていると、3歳児くらいの子どもも日常会話の中で「うやらましい」「地面にまく」などの言葉を使えるようになっていきます。

LINEで送る