保育園任せにしちゃダメ!ママが知っておきたい「質が悪い」保育士の特徴6つ

“近所に保育園ができて、保育士はたくさんいる。けれどもその質が悪い”こうなると命より大切な我が子を預ける親としては不安になりませんか?

少子化問題に対して国は政策を打ち出している中で、“保育士確保プラン”というものがあります。保育士数を確保することはもちろん必要なことですが、子どもを預ける親としては、どんな保育士なのか質の部分でも気になると思います。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“保育士確保プランと保育士に向いていない人”についてお話します。

 

■国が打ち出した「保育士確保プラン」とは

少子化は深刻な問題です。放置すれば日本の人口はどんどん減少し、国としての経済力が衰退することが予想され、年金制度など様々な現制度が成り立たなくなるなど、多くのことが懸念されています。

こんな中、“預ける保育園がなく仕事が続けられないから、子どもは産まない”あるいは“子どもは一人だけでいい”と考える女性が増えると、ますます少子化に拍車がかかります。

そこで、国はその打開策として、保育園をどんどん建設することに注力しています。けれども保育園という入れ物を増やして行っても、その中身の保育に携わる“保育士”を確保しなければ、実際に子どもを預かることは出来ません。そこで“保育士確保プラン”を打ち出しているのです。

厚生労働省が平成27年1月に公表している、『保育士確保プラン』によると、国全体で必要となる保育士の数は、平成29年度末時点において46.3万人と想定。現在勤務している保育士は37.8万人、保育士の自然体の増加分2万人を差し引いた、“6.9万人”が必要となるため、保育士試験の年2回実施、保育士の処遇改善といった取組をはじめるのです。

LINEで送る