今年もあの人が1位!2015年版「理想のママ・パパ芸能人」から学ぶ夫婦の在り方

165770681

ママタレやイクメンといった言葉が浸透している今の世の中。芸能界も、妊娠・出産を期に引退する有名人は少なく、母親・父親になっても活躍している有名人、むしろ母親・父親になり活躍の場が広がった有名人のほうが圧倒的に多いですよね。

有名人のブログや本などを読んで、育児や家事、家庭円満の秘訣を参考にしているというママもいらっしゃるのでは? テレビなどに映る有名人は、見る人の理想や憧れ、また、ある意味今のトレンドを反映していると言えます。

今日は、有名人の子育てイメージに関するアンケート結果をもとに、最近の夫婦像の傾向と、子育て期を夫婦で楽しむコツについてお伝えします。

 

■子育てにプラスイメージを最も持たれているのは、あの有名人!

普段テレビなどを見ていて、「この人は良い母親(父親)だろうなあ」「この人はちゃんと子育てしていそうだなあ」と思う有名人といえば、誰を思い浮かべるでしょう?

株式会社ブライト・ウェイが運営するポータルサイト『こそだて』は、ユーザーを対象に有名人の子育てイメージについて毎年アンケートを実施しており、今年も12月11日に結果が発表されました。

有名人と子育てのイメージについていろんな質問がある中で、「子育てと仕事を両立させていると思う有名人(男女含む)」、「ちゃんと子育てしていると思う女性有名人」そして「自分が理想とする母親のイメージの有名人」の三つの部門で見事1位を獲得したのは、前年に続き、“北斗晶”さんでした。

篠原涼子さんや辻希美さん、木下優樹菜さんの名前も上位にランクインしています。

また、「ちゃんと子育てしていると思う有名人(男性)」、「自分が理想とする父親のイメージの有名人」という男性の育児に関する質問2つで1位を獲得したのは、こちらも前年に続き、つるの剛士さんでした。杉浦太陽さんや佐々木健介さんもランクインしています。

LINEで送る