夫婦喧嘩をした時に「子どもへ絶対言っちゃいけない」一言って?

205697545

結婚前は見えなかった夫のあれやこれやが目につき、恋人時代にはしなかった類の口論が増えるのは夫婦であれば当然のことかもしれません。

さらに子どもができると、育児疲れのストレスから喧嘩がエスカレートしてしまい、夫と冷戦状態が続いてる……なんて方も少なくないはずです。でもそんなときに困るのが子どもへの説明ではないでしょうか。

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、夫との冷戦状態に陥った場合の、子どもへの対応についてお伝えします。

 

■夫婦喧嘩は相手への「感謝」が足りないことが原因

心の奥底ではお互いに感謝していても、態度で表さない限り相手には通じません。

結婚当初は、お互い異なる文化からやってきた者同士、理解できないことがほとんど。

トイレの便座が上げっぱなし、食べた後のお皿はテーブルに置きっぱなし、ビールの空き缶は机に置き放し……。習慣の違いからいろいろとぶつかることもあるかと思います。

習慣の違いはガマンすればするほど、後々大きな問題に発展しますので、ガマンはせずに話し合った方が良いと思いますが、感謝をすべきところでは「ありがとう」を素直に伝えるようにしましょう。

そうすることで、仲直りが早くなったりします。

LINEで送る