「ズル賢い子」に育ってしまう家庭の特徴とNGしつけ3つ

161543714
source:https://www.shutterstock.com/

親の前ではそれほど問題なく見えるわが子が、外では嘘をついたりとんでもないことをしていたとしたら……? 親にとってはショックなことだと思います。

大人の顔色を見て行動を変えたりする子の多くは、親のしつけが影響していることがあると筆者は考えます。

そこで今回は、子育てアドバイザーである筆者が、“大人を選んで態度を変えるズル賢い子になってしまうNGしつけ”についてお伝えします。

「ズル賢い子」が育ちやすい家庭の特徴3つ

(1)親の期待度が高い

小さな頃から習い事や塾と、今の子どもは大忙しです。親からの期待と投資を一心に受けている彼らは、知らず知らずにプレッシャーを感じ、“ありのままの、子どもらしい自分”を一番身近な親に見せられなくなっている可能性があります。

(2)厳しすぎる

厳しくしつけられる子は、親の見ていないところでガス抜きしないとパンクしてしまいます。筆者の子ども達も、ママの前ではお菓子をねだることはありませんでしたが、祖父母にこっそり買ってもらっていたということがありました。

自分なりに周りに迷惑をかけない程度にガス抜きしているなら、そのまま放っておいてあげるのがいいと筆者は思います。

(3)甘やかしすぎる

いつも「いい子ね」「やっぱりすごいなあ」なんて言う風に褒められ、何かトラブルがあったときも叱られず「あなたは悪くないわよ」と守られた子は、しっかりと育つでしょうか?

子どもは自由奔放な嵐のようなものです。社会において“してはならないこと”は当然あります。そういうときに「うちの子は悪くない」などと、外に責任をなすりつける親の脆い精神を、子どもは容易に見抜きます。

してはならないことをしたときに、一緒に頭を下げて責任を取り、正しい方向へ導いてくれる大人がそばにいないと、子どもは大人を見くびって馬鹿にするようになってしまうことがあると思います。

 

でも“ズル賢い”って、本当に悪いこと?

source:https://www.shutterstock.com/

大人によって態度を変えると言うのは悪い事なのでしょうか? 一方の大人はどうでしょう。人によって態度を変えるのは、よくあることですよね。それは“社会で生きる知恵”とも言えます。

子どもがそうした態度を取った時はあまり大騒ぎせず、「この子は今こういう時期なんだな」と一旦受け入れる努力をしましょう。

実際3歳児くらいの子は悪知恵が身についてよく嘘をついたりするようになりますが、それは成長の証とも言えるのです。ある時期の特性とも言えますので、一過性のものと捉え、あまり深刻にならないようにしましょう。

 

親も「完璧でない」ことを自覚する

子どもが外で問題と言われる行動を起こしたときは、親は自責の念にかられてしまうかもしれません。でも、親もひとりの人間です。常に完璧な親ではいられないし、そうである必要もありません。

自分が子どもにとって“ある大人サンプル”の一人であることを自覚し、気負わないようにしましょう。そうした心構えでいることで、子どもの中の緊張感が取れて親子関係自体がリラックスし、子どもらしい素直さを表現できるようになるかもしれませんね。

 

“ズル賢い”の言葉にある通り、彼らはとても賢い子たちです。行動ひとつを取り上げたり、抑えつけるのは意味の無い事。それよりも彼らの賢さを認め、大人として舌を巻いてみるのもいいと思います。

とはいえ、明らかに悪い行動や言動は、近くの大人が正しい方向へ導いてあげる必要があります。いずれにしろ、大人の態度がどっしりと落ち着いたものであれば、それほどたいした問題にならないことが多いです。温かな目でその子らしさを育めるといいですね。

 

【画像】
※ pixinoo / shutterstock

【関連記事】

※ 驚きの成長スピード!「2歳児」ができる9つのこと・経験させたい3つのこと

【保育士がママになったら】待望のわが子!育児は楽勝!?

子どもが嫌いな「2大味付け」知ってる?【料理お助け隊】

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る