朝食だけじゃなかった!1日の「食事の質」が子どもの成績に関係すると判明

子どもに食事をきちんと食べさせていると自信を持って言えますか? 朝食を抜くことが、健康に良くないということは以前から言われていますが、実はさらに1日の食事の質が成績にまで影響するということが科学的に証明されました。

今日は『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、イギリスの研究発表から“食事の質の重要性”をお話します。

 

■食事の「質」が子どもの成績に影響を与える!?

英国カーディフ大学では、100以上の小学校から9~11歳の生徒5,000 人を対象に、24時間に摂取した食事を調べました。その結果、朝食に摂取する健康的な食品数、その日のおやつ、果物、野菜などの数を含めた食事の質は、すべて成績と密接につながっていたということです。

研究では、特に朝食に重点を置いて分析していますが、朝食の量および質と、6~18カ月後の成績を調査した結果、平均以上の成績を取る確率が、朝食を食べていない生徒に比べて、朝食を食べた生徒は2倍であったと言います。ただし、朝食を食べたと言ってもお菓子やポテトチップスなどの不健康な食品は、成績にはつながりませんでした。

 

■朝食を抜くのがダメな2つの理由

今回の研究は小学生を対象に行われていますので、成績という目に見える形で結果を知ることができました。まずはなぜ朝食を食べるか食べないかで、成績が変わってくるのでしょうか?

(1)身体がしっかり目覚めない

人間の身体には一定のリズムがあります。朝起きて朝食を食べると、脳は「朝だ!活動期だ」としっかり認識するわけです。ところが、朝食を食べないと身体も脳も中途半端にしか目覚めません。

(2)体温が上がらずエネルギー不足になる

朝起きた時は、前日の夕食から10時間以上は経っているのですから、当然お腹は空いているはず。言ってみればガソリンが空っぽの状態で体温も下がっています。朝食を食べると胃が活発に働き栄養が体に行きわたり体温が上がります。そうするとエネルギーが湧いてきて脳も活発に働き始めるのです。

脳や身体がしっかり目覚めエネルギーが充満すると、集中力や忍耐力や理解力が高まるのは当然ですね。それが成績につながるのはごく自然なことなのです。

 

■朝食だけじゃなく、1日の食事の質を意識しましょう

今回の調査でわかったことは、朝食だけでなく1日の食事の“質”も、健康面のみならず成績にも影響を与えるということです。

何かと忙しい朝は、ゆっくり食事をする時間はないでしょうから、パンや果物や牛乳・ヨーグルトなど素早く食べられるものになるでしょう。その代わり、昼食や夕食には、顎の発達のためにもしっかり噛まなければならない野菜や肉などを摂らせるようにしましょうね。

 

いかがでしたか。

特に幼児期は、身体も脳も著しく発達する時期です。まずはバランスの取れた食事を心がけましょう。幼児期の栄養バランスについては、京都市の『京・食ねっと』というサイトがとても見やすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考元】

※ Good breakfast, good grades? – CARDIFF UNIVERSITY

京・食ねっと – 京都市

【画像】

※ evgenyatamanenko / PIXTA

 

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 目指せ!マシュマロのような赤ちゃん美肌のすっぴん美人

※ フォトカレンダーが成長記録に!子供も両親もハッピーになる子育てママ絶賛アプリ♡

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

※ 嘘みたいにスッキリ!「便通改善サプリ」でアナタの腸が変わる [PR]

結局、年齢なの?「出産したい女性」が知っておくべきAMHとは

貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・専門家ライター。日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子供英会話教室設立。30年以上に亘り子供英語教育に携わり、現在3~6歳までの子供にバイリンガル教育を実施中。近著は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

LINEで送る